[ベルタ葉酸サプリ/飲み方]胎児の先天性異常のリスクを低減する効果的な飲み方

胎児の神経系の形成は、妊娠7週までに終了するとされています。この時期に母体の葉酸が不足していると、神経系の先天性異常の神経管閉鎖障害になるリスクが高まります。神経管閉鎖障害は、最悪の場合、死産や流産を招く可能性もある恐ろしい障害です。そのため、妊娠前(妊活中)から、葉酸を摂取する必要があります。妊娠を望む場合、妊娠前1ヶ月〜妊娠10週までは特に葉酸を十分に摂取しておく必要があります。厚生省は、妊娠可能年齢の女性に対して、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のため、葉酸を1日400?付加して摂取することを推奨しています。しかし、日常の食事からのみでは十分な葉酸摂取が難しいため、葉酸サプリで不足分を補うのがおすすめです。ベルタ葉酸サプリは、体内の吸収率が高い酵母葉酸を配合しているため、おすすめです。

 

葉酸サプリの効果的な飲み方・妊娠の超初期は自覚症状がないため妊娠を希望した時から飲み続けよう

最終月経開始日が妊娠0週0日となるため、妊娠超初期には妊婦本人にも自覚症状がなく、妊娠に気付かない場合が多いです。そして多くの場合、妊婦本人が妊娠に気付くのは、すでに胎児の神経系の形成が進んでいる妊娠5週以降になってからです。胎児の神経系の形成を助ける葉酸は、妊娠1ヶ月前からの摂取が望ましいとされているため、妊娠に気付いてから葉酸を摂取してもすでに遅いのです。そのため、妊娠を希望した時から継続して葉酸サプリを摂取することをおすすめします。葉酸は食事からの摂取のみでは吸収率が低く、十分な量を摂取できません。そのため、葉酸の配合されているサプリで補うことが必要になります。ベルタ葉酸サプリは、特に体内の吸収率が高い酵母葉酸を配合しているため、おすすめです。

 

H4:葉酸は造血効果が高く妊娠準備に最適
月経のある女性は、男性に比べて血液の必要量が多いため、貧血傾向の人がとても多いです。さらに、妊娠中は非妊娠時に比べて約2倍の血液量が必要となるため、非妊娠時以上に貧血症状が出る人が多くなります。貧血には鉄分が必要とされるため、鉄分を摂取している人は多いかもしれません。しかし、葉酸にも赤血球の生成をサポートする作用があるため、葉酸は「造血ビタミン」と呼ばれることもあります。葉酸の造血作用によって貧血予防の効果が期待できるため、妊娠を希望する人は特に、積極的に葉酸サプリで葉酸を摂取することをおすすめします。ベルタ葉酸サプリは、体内への吸収率が高い酵母葉酸を配合している葉酸サプリのため、おすすめです。

 

H4:葉酸は細胞分裂をサポートするため正常な受精卵の成長に必須
葉酸は細胞分裂が活発な場所に多く存在しており、細胞分裂をサポートする働きがあるため、受精卵の細胞分裂に必須の栄養素です。受精卵の細胞分裂がスムーズに進行しないと、胎児の先天性異常の原因となるリスクを高めてしまいます。また、最悪の場合は流産や死産に繋がることもあるため、十分な量の葉酸摂取が必要です。また、葉酸は妊娠中には特に重要な成分となるため、厚生省が定める1日摂取推奨量である400?をしっかりと毎日摂取することが大切です。しかし、食事から摂取できる葉酸は吸収率が低いため、葉酸の配合されているサプリメントでしっかりと不足分を補う必要があります。ベルタ葉酸サプリは、特に体内への吸収率が高い酵母葉酸を配合しているため、おすすめです。

 

葉酸サプリの効果的な飲み方・妊娠10週までは葉酸サプリで確実に補給しよう

葉酸は、妊娠前から出産後まで必要となるため、妊婦にとって欠かすことができない重要な栄養素です。その中でも特に、妊娠10週までは必須の栄養素です。それは、妊娠10週までにしっかりと葉酸を補うことで、胎児の先天性異常のリスクを低減することができるためです。反対に、妊娠10週までに葉酸を十分に摂取できていなかった場合、胎児が先天性異常になるリスクを高めてしまい、死産や流産を招く原因ともなります。ただし、葉酸は水溶性ビタミンのため、食事からの摂取では吸収率が悪く、効率が悪いです。そのため、吸収率の高い葉酸サプリからの補給がおすすめです。ベルタ葉酸サプリは、特に体内への吸収率が高い酵母葉酸を配合しているため、おすすめです。

 

H4:胎児の脳神経系の障害は妊娠7週までに起こることが多い
胎児は、妊娠2〜3ヶ月(4〜11週)にかけて主要器官ができ始めます。そして、先天性障害のひとつである脳神経系障害(中枢神経系の異常)は、妊娠7週頃までに起こることが多いと言われています。しかし、先天性障害は、葉酸摂取によってそのリスクを低減させることができます。そのため、妊娠を希望する場合、葉酸摂取を積極的に行なうことが重要となります。厚生省は、妊娠を希望する女性に対し、1日400?の葉酸摂取を推奨しています。しかし、食品に含まれる葉酸は吸収率が低いため、食事のみから葉酸を推奨量摂取することは難しいです。そのため、厚生省は吸収率の良い葉酸配合のサプリで補うことを推奨しています。ベルタ葉酸サプリは、体内への吸収率が高い酵母葉酸を配合しているため、おすすめです。

 

H4:ほとんどの先天性障害は妊娠10週までに起こる
胎児は、妊娠2〜3ヶ月(4〜11週)にかけて主要器官ができ始めます。そして、神経管閉鎖障害や無脳症、二分脊椎症などの先天性障害は、妊娠10週までに起こることが多いと言われています。しかし、先天性障害は、葉酸摂取によってそのリスクを低減させることができます。そのため、妊娠を希望する場合、葉酸摂取を積極的に行なうことが重要となります。厚生省は、妊娠を希望する女性に対し、1日400?の葉酸摂取を推奨しています。しかし、食品に含まれる葉酸は吸収率が低いため、食事のみから葉酸を推奨量摂取することは難しいです。そのため、厚生省は吸収率の良い葉酸配合のサプリで補うことを推奨しています。ベルタ葉酸サプリは、体内への吸収率が高い酵母葉酸を配合しているため、おすすめです。

 

葉酸サプリの効果的な飲み方・葉酸のサポート成分と一緒に飲めば吸収率アップ

葉酸は、食品からの摂取では吸収率が低いため、効率良く摂取することができません。しかし、ビタミンB6やビタミンB12と同時に摂取することで、吸収率をアップさせることが可能です。そのため、葉酸を摂取する際には、ビタミンB6やビタミンB12といったサポート成分と一緒に摂取するのが効果的な飲み方です。ベルタ葉酸サプリには、ビタミンB6やビタミンB12を含むビタミン類が含まれているため、効率良く葉酸を摂取することができます。葉酸は、妊活中・妊娠中・授乳中・産後のすべての過程で必要となる大切な成分ですが、葉酸は食品からの吸収率が低いため、サプリなどで補う必要があります。そのため、効率良く手軽に葉酸を摂取することができるベルタ葉酸サプリは、おすすめです。

 

H4:葉酸不足は胎児の成長遅延に繋がる
葉酸には、赤血球の生成をサポートする働きがあります。赤血球に含まれるヘモグロビンは、酸素や栄養素を全身に届ける役割を担っているため、私たちのからだに必要不可欠です。そして、それは胎児にとっても同じです。ヘモグロビンは、胎児の全身に酸素や栄養素を送り届ける際にも必要不可欠です。そのため、赤血球の生成をサポートする葉酸が不足すると、十分な赤血球が造られなくなり、胎児に酸素や栄養が十分に送り届けられなくなります。つまり、葉酸不足は、胎児の成長遅延を招くのです。妊娠を希望する女性に対する葉酸の1日推奨量は、400?です。しかし、食品からの吸収率が低い葉酸を、毎日食事から摂取するのは難しいです。ベルタ葉酸サプリは、体内への吸収率の高い酵母葉酸を配合しているため、手軽に葉酸を摂取することができ、日々の不足分を補うことができるため、おすすめです。

 

H4:葉酸の吸収率をアップする成分・ビタミンB6
ビタミンB6は、食品から摂取したたんぱく質からエネルギーを生み出したり、筋肉や血液が造られる際のサポートをしたりする働きがあり、皮膚や粘膜などの健康維持に欠かすことのできない成分です。ビタミンB6不足は、皮膚炎や口内炎、貧血、脳波の異常などの症状を引き起こします。また、ビタミンB6には、葉酸の吸収率をアップさせるサポート成分としての働きもあります。ビタミンB6を葉酸と一緒に摂取することで、葉酸の代謝を上昇させるため、効率良く成分が吸収できるようにサポートしてくれるのです。ベルタ葉酸サプリには、葉酸だけでなく、ビタミンB6を含むビタミン類が配合されているため、効率良く葉酸を摂取することができます。葉酸摂取をスムーズに行なうためにも、ビタミンB6が一緒に配合されているベルタ葉酸サプリは、おすすめです。

 

H4:葉酸の吸収率をアップする成分・ビタミンB12
ビタミンB12は、悪性の貧血に有効と言われているビタミンで、葉酸と協力して赤血球中にあるヘモグロビンをつくり出すサポートをする働きがあります。ビタミンB12不足は、赤血球の減少や、巨赤芽球性貧血を招きます。また、ビタミンB12には、葉酸と協力するだけでなく、葉酸の吸収率をアップさせるサポート成分としての働きもあります。ビタミンB12を葉酸と一緒に摂取することで、葉酸の代謝を上昇させるため、効率良く成分が吸収できるようにサポートしてくれるのです。ベルタ葉酸サプリには、葉酸だけでなく、ビタミンB12を含むビタミン類が配合されているため、効率良く葉酸を摂取することができます。葉酸摂取をスムーズに行なうためにも、ビタミンB12が一緒に配合されているベルタ葉酸サプリは、おすすめです。

 

ベルタ葉酸サプリは葉酸のサポート成分が豊富に含まれておりおすすめ

ベルタ葉酸サプリには、葉酸の摂取をサポートするビタミンB6やビタミンB12を始めとする様々な成分が豊富に含まれています。葉酸は、食品からの摂取では吸収されにくい成分のため、厚生省は葉酸サプリで葉酸を補うことを推奨しています。ベルタ葉酸サプリは、葉酸の中でも特に吸収率の高い酵母葉酸を配合することで、葉酸の吸収率をアップさせているだけでなく、同時に摂取する葉酸サポート成分も豊富に配合しているため、葉酸を効率良く摂取することができ、おすすめです。

[ベルタ葉酸サプリ/飲み方]妊活中・妊娠中・授乳中に必要な葉酸の量について

葉酸は、妊活中・妊娠中・授乳中のすべての期間で必要となる大切な成分です。特に、妊娠前から妊娠10週までは、食事から240?と、サプリメントから400?の摂取が望まれます。葉酸は、様々な食品に含まれているため、食事からの摂取は容易ですが、体内への吸収率が低いため、吸収率の良いサプリメントでの補給がおすすめです。厚生省は、胎児の神経管閉鎖障害予防のためにも、妊娠1ヶ月前〜妊娠3ヶ月までの期間は特に葉酸400?の付加を推奨しています。ベルタ葉酸に含まれる酵母葉酸は、通常の葉酸に比べて体内への吸収率が高いため、葉酸摂取が必要となる妊活中からの摂取開始がおすすめです。

 

妊活中〜妊娠3か月(妊娠初期)の葉酸推奨量について

H4:<葉酸の摂取目安>
ベルタ,葉酸,飲み方,妊娠前,妊娠中,授乳中

 

H4:食事から240μg+サプリメントから400μgの系640μg摂取が理想
厚生省は、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のため、妊娠1ヶ月前から葉酸摂取を開始することを推奨しています。厚生省が推奨する葉酸摂取量は、食事から240?とサプリメントから400?の、計640?です。食事から摂取できる天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)は、色々な食品に含まれているため、摂取は容易ですが、吸収率が低いため、効率良く葉酸を摂取することができません。対して、サプリメントに含まれている合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)は、天然葉酸に比べて吸収率が高いため、食事からの摂取で不足している分を補うのに有効です。1日トータル640?の葉酸を摂取するためには、食事とサプリメント、両方から栄養を摂取する必要があります。ベルタ葉酸サプリに含まれている葉酸は、通常の葉酸に比べて吸収率の高い酵母葉酸です。酵母葉酸は葉酸の吸収率を高めているため、効率良く葉酸を摂取することができ、おすすめです。

 

H4:妊活中〜妊娠初期は最も葉酸の必要量が多い時期
葉酸は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減してくれる効果が期待できる成分です。神経管閉鎖障害を始めとした先天性障害は、妊娠10週までに起こりやすいと言われており、特にこの時期に葉酸が必要だと言われています。しかし、妊娠初期は、妊婦本人も妊娠していることを自覚していない場合が多く、妊娠に気付いた時には妊娠10週を過ぎてしまっている場合もあります。そのため、妊娠を希望した時から葉酸を摂取し始める必要があります。妊活中から妊娠3ヶ月までの間は特に、葉酸の必要量が多いため、積極的に摂取する必要があります。葉酸には、天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)と合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)の2種類があります。食事から摂れる葉酸はポリグルタミン酸型葉酸で、体内への吸収率が悪いです。対して、サプリメントは体内への吸収率が高いモノグルタミン酸型葉酸を配合しています。食事摂取だけでは不十分な葉酸摂取は、食事とサプリメントの両方から補給する必要があります。ベルタ葉酸サプリは、体内への吸収率が通常の葉酸よりさらに高い酵母葉酸を配合しているため、おすすめです。

 

妊娠中期〜妊娠後期の葉酸推奨量について

妊娠中は、特に妊娠10週までの葉酸摂取が重要となります。それは、神経管閉鎖障害を始めとするほとんどの先天性異常が妊娠10週までに起こるとされているためで、神経管閉鎖障害のリスク低減のためにも、妊娠1ヶ月前〜妊娠10週までの期間は積極的な葉酸摂取が推奨されています。妊娠中期に入ると、胎児の神経系のほとんどは形成が終了しています。そのため、葉酸の必要量は、妊娠初期に比べて減ります。しかし、妊娠中は非妊娠時に比べて血液量が約2倍必要となるため、造血作用のある葉酸は、継続して摂取することが望まれます。ベルタ葉酸サプリは、体内への吸収率が高い酵母葉酸を配合しているため、通常の葉酸に比べて効率良く摂取することができ、おすすめです。

 

H4:葉酸の1日推奨量は480μg
胎児の神経系の発達異常は、ほとんど妊娠10週までに起こるとされており、先天性障害のひとつである神経管閉鎖障害のリスク低減のためには、妊娠前から妊娠10週までの期間に特に葉酸が必要になると言われています。そのため、妊娠中期以降は胎児の先天性障害のリスク低減のためだけではなく、妊婦の貧血予防や、胎児への栄養供給の目的での葉酸摂取が必要になります。妊娠初期には食事から240?とサプリメントから400?の、計640?の葉酸摂取が推奨されていますが、妊娠中期には食事から240?とサプリメントから240?の、計480?の葉酸摂取が推奨されています。また、葉酸の上限は1日1300〜1400?とされています。ベルタ葉酸サプリは、1日4粒で葉酸400?が摂取できるため、過剰摂取のリスクもほとんどなく、安心して摂取することができるため、おすすめです。

 

授乳中の葉酸推奨量について

産後は、出産の疲れや子宮へのダメージなどから、体調を崩しやすくなります。葉酸は、細胞の生成や細胞分裂に欠かすことのできない成分で、新陳代謝の改善にも効果的な成分です。そのため、産後の体調不良を整えるためにも、新陳代謝の改善を促す葉酸の摂取がおすすめです。また、母乳は母親の血液から作られるため、母親が貧血状態では、十分な母乳を作ることができません。また、母乳の質も低下してしまうため、胎児への栄養供給が十分に行なわれなくなってしまいます。葉酸は、赤血球の生成をサポートする役割も担っているため、母乳の分泌促進に必要となります。ベルタ葉酸サプリは、1日400?の葉酸を摂取することができるため、母乳の分泌に効果が期待できます。そのため、ベルタ葉酸サプリは、授乳中にも産後にもおすすめです。

 

H4:食事から240μg+サプリメントから100μgの計340μgの摂取が理想
母乳は母親の血液から造られるため、母親が貧血状態にあると、十分な母乳造りを行なうことができません。また、母乳の質も低下してしまうため、胎児への栄養供給が十分に行なわれなくなってしまいます。葉酸は、赤血球の生成をサポートする役割も担っているため、母乳の分泌促進に必要となります。そのため、授乳中の女性の葉酸の摂取は、食事から240?とサプリメントから100?の、計340?が推奨されています。ベルタ葉酸サプリは、1日400?の葉酸を摂取することができるため、授乳中の女性の1日葉酸摂取量である340?を手軽に達成することができます。葉酸を摂取することで、母乳の分泌促進に効果が期待でき、母乳の質の向上にも繋がります。また、ベルタ葉酸サプリは、授乳中にも安心して飲むことができる成分で作られているため、おすすめです。

 

男性の葉酸推奨量について

葉酸には、造血作用や細胞分裂の活性化による新陳代謝の促進などの効果が期待できるため、妊娠を考えている女性から産後の女性まで、妊娠に関わる幅広い期間での女性への摂取が推奨されています。葉酸の造血作用は、赤血球の生成をサポートすることに由来するもので、赤血球は全身に十分な酸素や栄養を送ることができるため、全身の臓器の機能が活発になることが期待できます。また、葉酸摂取によって精巣や睾丸などの妊活に関する臓器も機能が活発化することが期待でき、精子細胞の分裂が正常に行なわれて質の良い精子を生成することができるようになります。質の良い精子は、妊娠率アップや流産率低下に繋がります。そのため、妊活を希望する場合、女性だけでなく男性も一緒に葉酸を摂取することで、妊活効果が高まることが期待できます。

 

H4:18歳〜49歳の男性は1日240μgの葉酸摂取が理想
葉酸には、精巣や睾丸などの妊活に関する臓器の機能を活発化させる働きがあります。また、精子の細胞分裂が正常に行なわれることで、質の良い精子を生成する効果も期待できます。そのため葉酸摂取は、妊活中〜産後の女性だけでなく、妊活中の男性にも重要なのです。18歳〜49歳の男性の葉酸摂取に関しては、1日240?が理想とされています。葉酸摂取は男性不妊にも効果的なため、妊活を始めた時から夫婦で一緒に摂取すると、効果的です。ベルタ葉酸サプリは、葉酸を1日400?摂取することができ、男性も女性も飲むことができるため、夫婦で取り組む妊活のお供におすすめです。

 

 

 

[ベルタ葉酸サプリ/飲み方]葉酸は吸収率が悪いため飲むタイミングに注意が必要

葉酸は、野菜・肉類・豆類などの多くの食材に含まれているため、食事からの摂取は容易ですが、体内への吸収率が悪い成分です。1日量を一度に摂取しても吸収率が悪いため、効率良く葉酸摂取を行なうことはできません。そのため、葉酸サプリも、一度に摂取するのではなく、1日最低でも2回に分けて摂取するのがおすすめです。厚生省は、朝・昼・夕の3度の食事の際に、それぞれ葉酸を100?ずつ付加することを推奨しています。ベルタ葉酸サプリは、1粒100?の葉酸を配合しているため、朝・昼・夕の食後と、就寝前に1粒ずつ摂取するのがおすすめの飲み方です。

 

ベルタ葉酸サプリは1粒に100μgの葉酸が含まれる

ベルタ葉酸サプリは、1粒に葉酸100?を配合しており、1日4粒の摂取を推奨しているため、1日400?の葉酸摂取が可能です。厚生省は、3度の食事の際に、それぞれ葉酸を100?ずつ付加することを推奨しています。そのため、ベルタ葉酸サプリは、3度の食事後と、就寝前の1日4回に分けての摂取がおすすめです。葉酸は、体内への吸収率が低いため、一度に摂取しても効果的に体内への吸収が行なわれません。一度に多量に摂取するのではなく、1日数回に分けての摂取が効率良く葉酸を摂取するポイントです。

 

18歳〜49歳の女性の葉酸平均摂取量は1日200μg

葉酸は、野菜や肉、魚などの様々な身近な食品に含まれているため、食品からの摂取が容易な成分です。しかし、現代は食生活の変化に伴い、葉酸を摂取しにくい状態となっていると言われています。18歳〜49歳の妊娠可能年齢の女性の葉酸平均摂取量は1日200?に留まっており、厚生省が推奨する葉酸摂取量の1日240?を下回っています。葉酸は、食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸では体内への吸収率が低いため、サプリメントに含まれるモノグルタミン酸型葉酸での摂取が望ましいです。それは、ポリグルタミン酸型葉酸に比べてモノグルタミン酸型葉酸は吸収率が高いためです。ベルタ葉酸サプリは、体内への吸収率がモノグルタミン酸型葉酸よりさらに高い酵母葉酸を配合しているため、効率良く葉酸摂取ができ、おすすめです。

 

葉酸の1食の平均摂取量は60〜70μg

18歳〜49歳の妊娠可能年齢の女性の葉酸平均摂取量は1日200?です。そのため、1食当たりの葉酸平均摂取量は、60?〜70?だと言えます。厚生省は、食事からの葉酸摂取に加え、サプリでの葉酸摂取を推奨しています。1日3食の食事と共に、サプリで葉酸を補うことで、効果的に葉酸摂取を行なうことができます。ベルタ葉酸サプリは、1粒100?の葉酸を配合しているため食後に1粒ずつと、就寝前に摂取することで、1日4粒合計400?の葉酸を摂取することができます。葉酸は、妊活中から妊娠中・授乳中に至るまで、重要な成分です。ベルタ葉酸サプリでは、葉酸が必要な期間にしっかりと摂取推奨量を摂取することができるためおすすめです。

 

厚生省では1食につき葉酸100μgを付加することを推奨

厚生省では、妊娠可能年齢の女性に対して、1食につき葉酸100?をサプリなどで付加することを推奨しています。1食につき葉酸100?を推奨しているのは、葉酸が水溶性ビタミンのため、体内への吸収率が悪く、一度に摂取すると十分に吸収することができないためです。ベルタ葉酸サプリは、1粒100?の葉酸が配合されているため、食事と一緒に1粒ずつ飲めば良く、摂取が容易です。また、ベルタ葉酸サプリは体内への吸収率が良い酵母葉酸を配合しているため、効率良く葉酸の吸収が可能です。

 

葉酸は体内への吸収率が低いため1日2〜4回に分けて摂取しよう

妊娠可能年齢の女性の葉酸平均摂取量は、1食当たり60?〜70?と言われています。葉酸の1日摂取上限値は1300?〜1400?とされているため、1食につき400?〜450?の葉酸摂取は過剰摂取や、十分に吸収することができない事態を招く可能性があります。ベルタ葉酸サプリは、1粒100?の葉酸を含んでいるため、1回2粒飲むと、200?の葉酸を摂ることになります。1回につき200?の葉酸摂取なら、食事と合わせても1食当たりの葉酸摂取量は300?未満です。1食当たり300?の葉酸摂取なら、十分に体内への吸収が可能で、過剰摂取の心配もありません。しかし、可能であれば厚生省が推奨する1食につき葉酸100?の付加が理想的なため、ベルタ葉酸サプリの摂取は各食後と就寝前の1日4回に分けての摂取が望ましいです。

 

H4:朝・夜の食後に2錠ずつの摂取でも良い
ベルタ,葉酸,飲み方,妊娠前,妊娠中,授乳中
日中は仕事などで外出している方が多く、1日3回〜4回に分けて飲むと決めていても、飲み忘れてしまったり、持ち歩くのが億劫になったりして、続かなくなってしまうことがあります。そのため、朝・夕などの自宅で食事を摂るタイミングで、1日2回に分けてベルタ葉酸サプリを飲むという方法もおすすめです。1日2回の摂取では、1回2粒で葉酸200?が付加されることになります。サプリで摂取する葉酸200?に加えて、食事から摂取される葉酸60?〜70?を加えても、葉酸摂取量は300?に満たないため、過剰摂取の危険性もありません。ベルタ葉酸サプリには、飲むタイミングの指定はないため、好きな時間に摂取することが可能です。そのため、3回の食後と就寝前の1日4回の摂取が難しい場合は、自分の生活リズムに合わせて1日2回以上に分けて摂取するのがおすすめです。

 

H4:ベルタ葉酸サプリは1日の中でいつ飲むのがいいの?
お薬ではないので、基本的にいつ飲んで頂いても大丈夫です。1日4粒が目安になりますので、1日の中で飲める時に飲んでください。
引用元:公式サイトQ&Aより

 

葉酸は水溶性のビタミンのため体内に蓄積されにくい

<ベルタ葉酸サプリに含まれる水溶性ビタミン一覧>
ベルタ,葉酸,飲み方,妊娠前,妊娠中,授乳中
水溶性ビタミンは、ビタミンCやビタミンB1などの水に溶けやすいビタミンの総称です。加熱調理による損失が大きいことや、過剰に摂取しても尿により体外へ排出されるため、体内に蓄積されにくいという特徴を持ちます。葉酸は、水溶性ビタミンのひとつで、食事からの摂取では加熱調理などにより栄養の損失が大きく、十分な量を摂取することができません。ベルタ葉酸に含まれる酵母葉酸は、体内への吸収率の高い葉酸で、食事からの摂取が難しい葉酸を手軽に摂取することができるため、葉酸が特に必要となる妊活中から妊娠中におすすめの葉酸サプリです。

 

H4:葉酸は過剰摂取になりにくい性質があるが1日2回以上に分けて摂取したい
葉酸は水溶性ビタミンのひとつで、過剰に摂取しても尿として体外へ排出されるため、体内に蓄積されにくく、過剰摂取になりにくい性質があります。しかし、サプリメントなどから一度に多量に摂取した場合は、過剰症による発熱や吐き気、食欲不振などの症状が現われる可能性があります。そのため、葉酸サプリから葉酸を補う場合、1日2回以上に分けて摂取することで、過剰摂取を予防することができます。ベルタ葉酸サプリは、1粒に100?の葉酸を含んでいるため、1日4粒が摂取目安です。厚生省は、1食当たり100?の葉酸付加を推奨しているため、ベルタ葉酸サプリも朝・昼・夕の食後に1粒ずつと、就寝前に1粒の1日4粒の摂取がおすすめです。しかし、日中出掛けている方も多いため、生活リズムに合わせて1日2回(1回2粒)の摂取へ変更するのもおすすめです。

 

ベルタ葉酸サプリの内容量の表記には注意が必要!

<ベルタ葉酸サプリの形状>
ベルタ,葉酸,飲み方,妊娠前,妊娠中,授乳中
<ベルタ葉酸サプリ内容量>
ベルタ,葉酸,飲み方,妊娠前,妊娠中,授乳中
ベルタ葉酸サプリの公式サイトに書かれた内容量48.0g(400mg×120粒)は葉酸の内容量ではありません。
葉酸の単位はμg(マイクログラム)です。
ベルタ葉酸サプリの内容量は、サプリ全体の容量(重さ)です。
ベルタ葉酸サプリは1粒の重さが400mg(0.4g)です。
小さじ1杯の小麦粉が約3gなので、ベルタ葉酸サプリ1粒(0.4g)は、小さじで約1/7杯となります。
1粒の大きさはとても小さく、つわり中でも飲みやすい大きさとなっています。
葉酸サプリを選ぶ時は、飲みやすい形状・大きさのものを選びたいですね。

 

H4:ベルタ葉酸サプリの内容量は1粒の重さで表記しているので注意
ベルタ葉酸サプリの内容量は、48.0g(400mg×120粒)と表記されています。しかしこれは、1粒当たりの葉酸の含有量の表記ではありません。この内容量は1粒当たりの重さを表しているため、ベルタ葉酸サプリの1粒の重さは400mg(0.4g)であることが分かります。ベルタ葉酸サプリの内容量は、サプリ全体の重さを表しています。葉酸は、mgでもgでもなく、?の単位で表わされるため、注意が必要です。

 

H4:ベルタ葉酸サプリの1粒の葉酸含有量は100μgです
ベルタ葉酸サプリの1粒の葉酸含有量は100?です。厚生省は1食当たり100?の葉酸付加を推奨しているため、ベルタ葉酸サプリは摂取量の計算もしやすく、おすすめです。

 

H4:ベルタ葉酸サプリは1日4粒の摂取で葉酸400μg(1日推奨量)を摂取することができる
ベルタ葉酸サプリの1粒の葉酸含有量は100?です。4粒で葉酸400?が摂取できるため、1日推奨摂取量は4粒です。厚生省は、妊娠を考えている女性に対し、1日400?の葉酸付加を推奨しています。ベルタ葉酸サプリは1日摂取量が分かりやすく、手軽に摂取できるため、おすすめです。

 

H4:ベルタ葉酸サプリは1日4粒ずつ飲むと1箱で1か月分となります
ベルタ葉酸サプリの内容量は、1箱に120粒です。1日4粒の服用が推奨摂取量のため、1箱で約1ヶ月分となります。ベルタ葉酸サプリの定期コースは、1ヶ月に1箱のペースで届くため、ペースが掴みやすいです。葉酸は妊活中から産後まで必要な栄養素のため、妊娠前から妊娠中・出産後まで、1日4粒のペースで飲み続けましょう。

 

食品に含まれるポリグルタミン酸型葉酸は吸収率が低い

<葉酸の代謝について>
ベルタ,葉酸,飲み方,妊娠前,妊娠中,授乳中
引用:https://www.elevit.jp/nutrition/folic-acid-support/
食事から摂取される天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)は、ポリグルタミン酸型葉酸の形のままでは体内に吸収することができないため、体内に入ると酵素によって代謝され、体内に吸収することができるモノグルタミン酸型葉酸に変換されます。代謝の過程で失われてしまう分もあるため、食事から摂取した葉酸の全てが体内に吸収されることはありません。サプリメントに含まれる合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)は、体内に入るとすぐに吸収される形状となっているため、効率良く葉酸の代謝サイクルに入ることができ、葉酸の吸収率が高くなります。そのため、十分な量の葉酸を摂取するためには、合成葉酸であるモノグルタミン酸型葉酸の摂取が望ましいとされています。

 

H4:厚生労働省ではモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨している
<妊娠前・妊娠中・授乳中の葉酸摂取推奨量について>
ベルタ,葉酸,飲み方,妊娠前,妊娠中,授乳中
引用:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110526_1.pdf

 

葉酸は、ほうれんそうなどの植物性食品の他、レバーなどの動物性食品にも多く含まれている。これらの食品に含まれる葉酸(食事性葉酸)は、ほとんどが複数のグルタミンが結合した「ポリグルタミン酸型葉酸」であるが、加工食品などに添加されている葉酸は、グルタミン酸が1つ結合した「モノグルタミン酸型(=プテロイルモノグルタミン酸)」である。食品中の「ポリグルタミン酸型の葉酸」は、調理や加工、胃の酸性下で遊離し、消化管の酵素によって分解され「モノグルタミン酸型の葉酸」となった後、象徴の上皮細胞から吸収される。「食事性葉酸」の体内での利用効率はプテロイルモノグルタミン酸と比べ、25〜81%と報告されており、「日本人の食事摂取基準(2010年度版)」では50%としている。

妊娠を計画している女性や妊娠の可能性のある女性は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減させるため、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3か月までの間、1日当たり通常の食事から摂取する以外に付加的に(推奨量240μgにプラスして)400μgの摂取が望まれている。この量は、健康食品等の「葉酸」を添加した食品からの摂取を想定したもので、「食事性葉酸」ではなく、「モノグルタミン酸型の葉酸」の量で設定されている。「食事性葉酸」の体内での利用効率は、「モノグルタミン酸型の葉酸」のおよそ半分とされているため、この「400μg」と言う量は、「食事性葉酸」では2倍の「800μg」に相当する。


引用:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110526_1.pdf

 

つまり、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のため、厚生省が推奨する「健康食品などにより1日400μgの葉酸を付加すること」とは、食事から摂取される天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)ではなく、サプリに含まれるモノグルタミン酸型葉酸の摂取を想定した付加量と言うことになる。
妊娠前1ヶ月〜妊娠3か月までの葉酸摂取は、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のため必須であり、十分な葉酸摂取が望まれるため、吸収効率の良いモノグルタミン酸型葉酸の摂取が推奨される。
サプリに含まれる合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)400μgを、食事に含まれる天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)で摂取しようとすると、約2倍の葉酸摂取量である800μgの摂取が必要となる。
妊娠可能年齢の女性の葉酸の1日平均摂取量は200μgのため、現在の食事の約4倍の葉酸摂取が求められることになす。
これは現実的な目標ではないため、十分な葉酸量が確実に摂取できる、合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)での付加が望ましい。
ベルタ葉酸サプリは合成葉酸の中でもさらに体内への吸収効率の高い酵母葉酸を配合しているため、十分に葉酸の摂取が望める。

 

ベルタ葉酸サプリに含まれる酵母葉酸は体内への吸収率が高い

ベルタ,葉酸,飲み方,妊娠前,妊娠中,授乳中
<酵母葉酸とは?>

ベルタ葉酸サプリに含まれる合成葉酸(酵母葉酸)は、葉酸に酵母を含有されることにより、通常の合成葉酸とは体内での吸収率が異なり、他ないに葉酸を滞在させる時間を長くすることが可能です。それによって効率よく葉酸を摂取できます!

引用元:ベルタ葉酸サプリ公式サイト

 

葉酸は体内に入るとさまざまな酵素により分解され代謝サイクルを回しています。
葉酸の代謝には、ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・亜鉛の5つの成分が必要です。
これら5つの成分により代謝された葉酸は、最終的に小腸より吸収されます。
しかし、葉酸のサポート成分であるビタミンB6・ビタミンB12を同時に摂取することで、葉酸は再び代謝サイクルを回すことができるので、効率よく葉酸の摂取が可能になります。
葉酸の代謝サイクルを回すためには、葉酸が体内に長く留まることと、葉酸のサポート成分を同時に摂ることが必要になります。
ベルタ葉酸サプリに含まれる酵母葉酸は、葉酸の体内での滞在時間を長くすることが可能であり、またベルタ葉酸サプリには葉酸のサポート成分であるビタミンB6・ビタミンB12が配合されているため、酵母葉酸を摂ることにより葉酸を効率よく吸収することができます。
葉酸サプリを選ぶ時は、体内の滞在時間が長くなる酵母葉酸のものを選びたいですね。

 

H4:ベルタ葉酸サプリは多くの産科クリニックなどで推奨されており信頼性が高い
ベルタ,葉酸,飲み方,妊娠前,妊娠中,授乳中

 

H4:ベルタ葉酸サプリを飲むようになったきっかけ

私は1人目の子供は結婚してすぐに授かりましたが、2人目がなかなか出来ませんでした。

1人目の産後は生理不順があったので、産科クリニックに受診することにしました。
産科クリニックでは不妊症の検査などをしましたが、大きな問題はなく、漢方薬での治療とタイミング指導のみ行うことになりました。
私が通っていた産科クリニックは女性のドクターで、先生も2人目不妊で悩んでいた時期があったと聞きました。
その担当医にベルタ葉酸サプリを飲むと良いよ!と紹介して頂きました。
そのクリニックでは、不妊症検査で大きな問題がなかった方にベルタ葉酸サプリを推奨していると聞きました。
私もすぐにベルタ葉酸サプリを飲み始めて、漢方と併用して半年ほど飲みました。
生理不順は漢方のお陰もあり2〜3か月ほどで改善し、6ヶ月目には陽性反応が見られました!
産科クリニックでも推奨されているベルタ葉酸サプリは、先生のお墨付きなので安心して飲むことができますよ。
ベルタ葉酸サプリは妊娠後や産後にもおすすめと聞いたので、今後も続けようと思っています!

[ベルタ葉酸サプリ/飲み方]飲み合わせやサプリ・内服薬との併用の注意点について

<ベルタ葉酸の服用方法>
ベルタ,葉酸,飲み方,妊娠前,妊娠中,授乳中

 

ベルタ葉酸サプリは白湯または水で飲むのが良い

ベルタ葉酸サプリには、葉酸を始めとした様々な妊活成分が配合されています。妊活成分には、鉄分とカルシウムのように、飲み合わせによって吸収率を下げてしまう組み合せなどもあるため、牛乳やカフェイン飲料などと一緒に摂取するのはおすすめできません。牛乳やカフェイン飲料で飲んでしまうことで、余計な成分を一緒に摂取してしまうことになり、成分のバランスが悪くなってしまったり、妊活成分の吸収率が低下したりする可能性があります。そのため、ベルタ葉酸サプリを飲む際は、白湯や水で飲むのがおすすめです。

 

H4:水道水よりもミネラルウォーターで飲むほうが良い
水道水には、たくさんのカルキが含まれています。カルキは、水を浄化する時に用いられる塩素のことで、からだへの影響はないとされています。しかし、都心部などの水道水は、カルキ臭が強く、気分が悪くなってしまう方もいます。特に、つわりや体調不良で臭いの強いものを摂取するのが難しい方もいます。そのため、ベルタ葉酸サプリを摂取する際は、水道水ではなく、ミネラルウォーターで飲むと無臭のため、安心です。

 

H4:妊娠中はホルモンバランスの乱れから体が冷えやすいため白湯など暖かい飲み物がおすすめ
妊娠中は、非妊娠時に比べて必要な血液量が増えることから、貧血傾向になりやすいです。貧血傾向にある方は、自律神経のバランスが乱れやすく、無性にイライラしたり疲れやすくなったりします。自律神経の調整は脳下垂体で行われており、それと同じ部位でホルモンバランスの調整も行われています。そのため、自律神経の乱れは、ホルモンバランスの乱れに繋がります。妊娠中は特にホルモンバランスが乱れやすく、からだが冷えやすいため、冷たい飲み物でサプリを飲むと、からだの冷えを悪化させてしまう恐れがあります。サプリを飲む際は、冷たい飲み物ではなく、白湯などの温かい飲み物で飲むことをおすすめします。

 

ベルタ葉酸サプリはカフェイン飲料と一緒に飲むのは避けたほうが良い

カフェインには、血管収縮作用があります。血管収縮が起こると血流が悪くなり、消化器官の働きが弱くなります。葉酸などの様々な成分は小腸から吸収されるため、消化器官の働きの低下により、吸収率が低下してしまいます。カフェインでの服用は、葉酸を始めとした妊活成分の吸収を妨げてしまい、妊活成分を効果的に摂取することができません。そのため、ベルタ葉酸サプリは、カフェイン飲料と一緒に飲むのは避けましょう。サプリ服用の際は、からだを冷やさない白湯などの温かい飲み物がおすすめです。

 

H4:カフェインを含む飲料
カフェインは、コーヒー以外にも、ほうじ茶・コーラ・抹茶・ココア・栄養ドリンクなどの飲み物に含まれています。そのため、サプリ服用の際は、これらの飲み物での摂取は避けることをおすすめします。サプリの成分を効果的に摂取したいならば、白湯などの温かい飲み物での服用がおすすめです。

 

ベルタ葉酸サプリは牛乳と一緒に飲むのは避けたほうが良い

牛乳には、胃の粘膜を保護する作用があるため、胃への負担を軽減すると言われています。そのため、牛乳と一緒に摂取することで吸収率がアップする成分もあります。しかし、反対に吸収率が低下してしまう成分もあります。ベルタ葉酸サプリは後者のため、牛乳と一緒に摂取するのは避けた方が良いです。ベルタ葉酸サプリのようにしっかりと葉酸の成分を吸収したい場合、白湯などの温かい飲み物で飲むのがおすすめです。

 

H4:牛乳と一緒に摂取することで吸収率がアップする成分もある
牛乳には、胃の粘膜を保護する作用があるため、胃への負担を軽減すると言われています。そのため、牛乳と一緒に摂取することで吸収率がアップする成分もあります。具体的には、β‐カロテンや、ビタミンEといった成分が、牛乳と一緒に摂取することで吸収率アップを期待できます。しかし、ベルタ葉酸サプリに含まれる鉄分などの成分は、牛乳と一緒に摂取することで、吸収率が低下してしまいます。ベルタ葉酸サプリに含まれる妊活成分の中には、牛乳との飲み合わせで吸収率低下の恐れがある成分もあるため、ベルタ葉酸サプリを飲む際は、白湯で飲むことをおすすめします。

 

H4:ベルタ葉酸サプリは妊活成分をバランスよく含んでいる
ベルタ葉酸サプリには、妊活成分がバランス良く配合されており、牛乳に含まれているカルシウム含有量も豊富です。そのため、カルシウム摂取の目的でベルタ葉酸サプリを飲む場合でも、牛乳と一緒に飲むことで過剰摂取の危険性があるため、牛乳で飲むことはおすすめできません。また、葉酸や鉄分といった成分は、牛乳と一緒に摂取することで吸収率が低くなってしまうため、同時に摂取することはおすすめしません。ベルタ葉酸サプリを飲む際は、白湯で飲むことをおすすめします。

 

ベルタ葉酸サプリは定期薬との併用は避けましょう

医薬品やサプリメントの中には、抗てんかん薬や睡眠導入剤、経口避妊薬のように、葉酸の吸収や代謝を阻害してしまうものもあります。葉酸の吸収や代謝を阻害する薬剤を頻繁に服用している人は、葉酸を摂取しているからと安心せず、飲み合わせによる葉酸欠乏に注意する必要があります。定期薬がある人、定期的にサプリメントを服用している人は、ベルタ葉酸サプリを一緒に摂取しても問題ないか、担当医に確認することをおすすめします。

 

<健康食品に添加されている成分と医薬品の相互作用について>
ベルタ,葉酸,飲み方,妊娠前,妊娠中,授乳中
引用:https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/dl/kenkou_shokuhin00.pdf

 

H4:経口避妊薬(ピルなど)とベルタ葉酸サプリの併用は注意が必要
葉酸は本来、体内に存在することがなく、また水溶性であるため体内に蓄積しにくい性質があるため、毎日補充しないと不足してしまう。
葉酸欠乏の原因として、経口避妊薬(ピル)の併用が報告されている。
ピルは葉酸の代謝過程に異常をきたし、胎児の先天性異常の原因となる可能性を高める。
経口避妊薬(ピル)は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が少量ずつ含まれる錠剤です。
経口避妊薬を飲むことにより、脳下垂体に働きかけ卵胞刺激ホルモンの分泌を抑えるため排卵が起こらなくなり避妊が可能になります。
女性は月経の周期に合わせて、エストロゲン・プロゲステロンの分泌を増減させ妊娠準備を行っています。
エストロゲンとプロゲステロンは相互関係により、ホルモンの分泌量が低下すると、脳下垂体ではホルモンを分泌するように促すが、ピルを服用している間は卵巣ホルモンが血液中に高濃度に存在するためホルモンの分泌が促進されません。
ピルは21日または28日の周期で薬剤を飲み続け、一定期間の休薬ののち再び21日または28日の周期で服用します。
ピルを服用している間は卵巣ホルモンの血中濃度は保たれており、卵巣ホルモンが血液中に高濃度に存在していると、葉酸の吸収を阻害すると言われています。
しかし、ピルと葉酸の併用は葉酸不足の原因となると言うデータは高用量のピルであり、一般的に処方される低用量のピルでは葉酸の吸収阻害は報告されていない。

 

薬物相互作用

アスピリンまたはイブプロフェンのような非ステロイド系抗炎症剤(NSAID)を非常に高い治療薬量(すなわち重篤な関節炎治療用)で服用した場合、それが葉酸塩の代謝を阻害する可能性がある。対照的に、NSAIDの日常的な使用が葉酸塩の状態に悪影響を及ぼすということはわかっていない。抗けいれん薬のフェニトインは葉酸塩の腸での吸収を抑制することが示されており、フェニトイン、フェノバルビタール、およびプリミドンといった抗けいれん薬の長期使用が葉酸塩の状態を低下させると関連づけた研究もいくつかある。しかしながら、抗けいれん薬の使用者と非使用者との間で、食事性葉酸塩摂取の差を考慮した研究はほとんどない。また、コレスチラミンやコレスチポールというコレステロール低下薬といっしょに葉酸を摂取すると、葉酸塩の吸収を減らす可能性がある。メトトレキサートは、がん、リューマチ性関節炎、および乾癬を含む多くの疾患の治療に使われる葉酸拮抗薬である。メトトレキサートの副作用は重篤な葉酸塩欠乏症の副作用と似ており、葉酸またはフォリン酸といっしょに服用して葉酸拮抗薬の毒性を減らすのに使用される。がんの治療に現在使われるその他の葉酸拮抗薬(の分子)は、アミノプテリン、ペメトレキセド、プララトレキサート、およびラルチトレキセドを含む(96)。さらに、多くの他の薬物が葉酸拮抗薬活性を持つことが示されており、トリメトプリム(抗生物質)、ピリメタミン(抗マラリア薬)、トリアムテレン(血圧の薬)、およびスルファサラジン(潰瘍性大腸炎の治療薬)などが挙げられる。高用量のエストロゲンを含む初期の経口避妊薬の研究で、葉酸塩の状態への悪影響が示されたが、この発見は低容量経口避妊薬を使用し、かつ食事からの葉酸塩を管理した最近の研究では支持されていない。

 

参考:http://lpi.oregonstate.edu/jp/mic/%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3/%E8%91%89%E9%85%B8%E5%A1%A9

 

H4:Q・ピルと葉酸サプリの併用について

質問:

ピルの服用と葉酸サプリの併用を考えておりますが、葉酸サプリで避妊効果が下がるなど影響はありますか?
よろしくお願い致します。

 

H4:A・ピルと葉酸サプリの併用は問題ありません

回答:

全くありませんよ、大丈夫です。

アメリカでは若い世代に葉酸を摂ってもらうために、葉酸入りのピルが出ているくらいです。

引用:http://ikeshitaikuko.com/2017/07/19/%E8%B3%AA%E5%95%8F%EF%BC%9A%E3%83%94%E3%83%AB%E3%81%A8%E8%91%89%E9%85%B8%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%AE%E4%BD%B5%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

 

上記のように、一般的に処方される低用量ピルは、葉酸サプリと併用しても全く問題ないとされています。
ピルは副作用が多い薬剤と言うイメージを持っている人が多いのですが、正しく服用することで、副作用を最小限に抑えることができます。
ただ、ピルを服用している人は、葉酸サプリの併用について担当医に相談をすると安心ですよ。

 

[ベルタ葉酸サプリ/飲み方]妊活中・妊娠中・授乳中に葉酸摂取が必要な理由

葉酸摂取の目的は、主に貧血予防と先天性異常のリスク低減です。先天性障害は、妊娠7週目までにそのほとんどが起きると言われています。そのため厚生省では、特に妊娠1か月前〜妊娠3ヶ月までに神経管閉鎖障害のリスク低減のために葉酸摂取を積極的に行なうことを推奨しています。ベルタ葉酸サプリは、体内への吸収率の高い酵母葉酸を配合しているため、効率よく体内に葉酸を取り入れることができます。また、ベルタ葉酸サプリは、妊活中・妊娠中・授乳中にも安心して飲むことができるため、おすすめです。

 

葉酸摂取の主な目的1・造血作用

葉酸は造血ビタミンと呼ばれ、血液細胞の中の赤血球の生成をサポートすることで、貧血予防に効果的な成分です。そのため葉酸不足は、葉酸不足性貧血を引き起こす原因となります。葉酸は様々な食品に含まれるため、摂取することが容易な成分ですが、体内への吸収率が低いため、サプリメントで補うことが厚生省により推奨されています。ベルタ葉酸サプリは、体内への吸収率の高い酵母葉酸を配合しているため、効率良く葉酸摂取をすることができ、おすすめです。

 

H4:葉酸の造血作用により母乳分泌が促進される
葉酸は、血液中の赤血球を生成する働きがあるため、不足することで赤血球の生成がスムーズにできなくなり、葉酸不足性貧血を引き起こします。母乳は母親の血液から作られるため、貧血状態では乳房に十分な血液を送り届けることができなくなり、母乳分泌が促進されません。そのため、授乳中にも葉酸摂取はとても重要なのです。ベルタ葉酸サプリは、体内への吸収率の高い酵母葉酸を配合しており、授乳期にも安心して飲むことができる成分で作られているため、おすすめです。

 

H4:母乳分泌の促進は産後の子宮の回復に効果的
出産後は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が急激に低下し、オキシトシンやプロラクチンといった母乳分泌を促進するホルモンの分泌が急激に増加します。オキシトシンやプロラクチンは、赤ちゃんが母乳を飲む際の刺激によって分泌が促進されます。母乳を分泌するオキシトシンには、子宮を収縮させる働きがあるため、産後の子宮の回復に効果的です。ベルタ葉酸サプリには、授乳期に必要な栄養素も豊富に含まれているため、産後も続けて飲むことをおすすめします。

 

H4:葉酸の造血作用により自律神経のバランスを整えつわり症状を改善する
妊娠中は、非妊娠時の約2倍の血液量が必要となるため、貧血になりやすくなります。また、妊娠中のホルモン環境の変化により、自律神経のバランスも崩しやすくなります。自律神経の乱れは、吐き気や頭痛、イライラや落ち込みなどの自律神経症状を引き起こしやすく、妊娠中の自律神経の乱れは、つわり症状として表われやすいです。自律神経のバランスは脳下垂体により調整されているため、脳への血流不足によって自律神経のバランスが悪化する可能性があります。そのため、葉酸を摂取することで、葉酸の造血作用によって脳への血流を増加させることができ、自律神経のバランス改善に効果的です。ベルタ葉酸サプリは、体内への吸収率の高い酵母葉酸を豊富に含んでいるため、高い造血効果が期待でき、おすすめです。

 

葉酸摂取の主な目的2・新陳代謝の活性化

葉酸は、細胞分裂の活発なところで働き、細胞分裂がスムーズに行なわれるよう促しています。細胞分裂が活発に行なわれることで、新陳代謝は活発化するため、葉酸不足はスムーズな細胞分裂を妨げ、新陳代謝を低下させてしまいます。新陳代謝の活性化は、男性妊活・女性妊活の両方に効果的です。ベルタ葉酸サプリは、葉酸を始めとした妊活に効果的な成分を豊富に含んでいるため、男性妊活・女性妊活の両方におすすめのサプリメントです。

 

H4:葉酸摂取により細胞分裂をサポートし先天性異常の予防に繋がる
胎児に起こる先天性異常は、そのほとんどが妊娠10週までに発生すると言われています。葉酸には細胞分裂をサポートする働きがあり、細胞分裂が活発な場所に多く存在しています。受精卵は細胞分裂が活発なため、たくさんの葉酸を必要とします。特に、妊娠7週までに胎児の脳神経系はほとんどが完成するため、この時期の葉酸摂取は、先天性異常の予防のために必要不可欠です。ベルタ葉酸サプリには、体内への吸収率が高い酵母葉酸を配合しているため、妊娠初期にも安心して飲むことができ、おすすめです。

 

H4:葉酸摂取により精子細胞の正常な分裂をサポートし妊娠率をアップする
葉酸は、細胞分裂が活発な場所に多く存在しており、細胞分裂をサポートする働きがあります。そのため、男性の葉酸摂取は、精子細胞の正常な細胞分裂をサポートすることで、妊娠率をアップさせてくれる効果が期待できます。ベルタ葉酸サプリは、女性妊活だけでなく男性妊活にも必要な成分が豊富に含まれており、男女どちらも安心して飲むことができます。夫婦で一緒に飲むことで、妊娠率アップを期待できるため、夫婦での服用がおすすめです。

 

H4:葉酸摂取により卵子細胞の正常な分裂をサポートし妊娠率をアップする
葉酸は、細胞分裂が活発な場所に多く存在しており、細胞分裂をサポートする働きがあります。そのため、女性の葉酸摂取は、貧血予防や胎児の先天性異常の予防の他に、卵子細胞の正常な細胞分裂をサポートすることで、妊娠率をアップさせてくれる効果が期待できます。ベルタ葉酸サプリは、男性妊活だけでなく女性妊活にも必要な成分が豊富に含まれており、男女どちらも安心して飲むことができます。夫婦で一緒に飲むことで、妊娠率アップを期待できるため、夫婦での服用がおすすめです。

 

葉酸摂取の主な目的3・胎児の成長促進

胎児の日々の成長は著しく、特に妊娠初期には活発な細胞分裂を繰り返すことで全身の臓器や骨、筋肉などを作っています。葉酸は体内で行なわれるすべての細胞分裂に関わっている成分のため、細胞分裂の活発な胎児の成長には特に欠かせない成分です。胎児の正常な成長のためにも、妊娠前から葉酸を十分に摂取しておくことが大切です。ベルタ葉酸サプリは、妊娠前から産後まで、安心して飲むことができ、必要な成分を手軽に摂取することができる葉酸サプリのため、おすすめです。

 

H4:葉酸は胎児の細胞の成長や分裂をサポートする
葉酸は、細胞分裂の活発な場所に多く存在しており、細胞分裂をサポートする成分です。これは胎児に対しても同様で、葉酸を十分に摂取することで胎児の活発な細胞分裂を促進し、成長を促すことに繋がります。反対に、葉酸不足は胎児の活発な細胞分裂を妨げるため、十分に成長を促すことができなくなります。そのため、妊娠前から産後まで、十分な量の葉酸摂取はとても大切なのです。ベルタ葉酸サプリは、妊娠前から産後まで安心して飲むことができ、葉酸を始めとした様々な成分を豊富に含んでいるため、手軽に様々な成分を摂取することができ、おすすめです。

 

H4:葉酸は赤血球の生成をサポートし胎児の全身に酸素や栄養を送り成長を促進する
葉酸には、赤血球の生成をサポートする働きがあります。赤血球は、酸素や栄養を全身に送り届ける役割を担っているため、十分な量の葉酸摂取によって赤血球の生成が促進されることで、酸素や栄養が十分にからだ中に送り届けられ、胎児の成長を促進することができます。反対に、葉酸不足による貧血症状は、全身に酸素や栄養を送り届けることができなくなるため、発達遅延を招きます。そのため、妊娠前から産後まで、十分な量の葉酸摂取をすることはとても大切なのです。ベルタ葉酸サプリは、妊娠前から産後まで安心して飲むことができ、葉酸を始めとした様々な成分を豊富に含んでいるため、手軽に様々な成分を摂取することができ、おすすめです。