【ベルタ葉酸/鉄分】妊娠中の貧血予防効果を高める3つのポイントとサプリの選び方

娠中は、非妊娠時に比べて約2倍の血液が必要となるため、普段より貧血になりやすくなります。妊娠中の貧血予防のためには、普段より多くの鉄分摂取が必要ですが、普段から生理などの関係で特に女性に不足しがちな鉄分を、普段の倍の量、食事のみから摂取するのはなかなか難しいものです。そのため、妊娠中の貧血予防のためには、鉄分をサプリから摂取するのがおすすめです。ただし、鉄分は体内から排出されにくい性質を持つため、過剰摂取予防のために、鉄分をサプリから摂取する際は非ヘム鉄のものを選びましょう。また、葉酸不足性貧血の予防のために、より葉酸を吸収しやすい酵母葉酸の摂取を同時に行なうのも効果的です。カルシウムは、過剰に摂取することで鉄分の吸収を低下させてしまうため、サプリを選ぶ際は、カルシウムの配合量に注意が必要です。

 

ベルタ葉酸サプリの鉄分について・非ヘム鉄を配合で過剰摂取の危険性がない

鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。ヘム鉄は主に肉や魚などに含まれる鉄分で、非ヘム鉄は主に海藻類や野菜などに含まれる鉄分で、ヘム鉄は非ヘム鉄に比べて吸収されやすい性質を持ちます。鉄分は過剰摂取することで鉄中毒になり、嘔吐や下痢、倦怠感や老化などの症状を引き起こす可能性があります。そのため、妊娠中に鉄分をサプリから摂取する場合には、過剰摂取の危険性が少ない非ヘム鉄配合のサプリを選ぶのがおすすめです。ベルタ葉酸サプリは非ヘム鉄を配合しているため、過剰摂取の心配がなく、妊娠中でも安心して飲むことができます。

 

H4:非ヘム鉄のメリット・鉄分の特有の臭いがほぼないため飲みやすい
鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。ヘム鉄は肉や魚などに多く含まれ、鉄分特有の臭いや錆びた臭いが苦手という声が多いです。それに比べて非ヘム鉄は、野菜や海藻類に多く含まれており、鉄分特有の臭いはほぼないため、錆びた臭いが苦手な方でも抵抗なく飲みやすいです。妊娠中のつわりがひどい時期や体調不良の時には、臭いのあるサプリは飲みにくいです。ベルタ葉酸サプリは、リニューアルによってヘム鉄から非ヘム鉄へと変更したことで、鉄分特有の臭いがなくなり、飲みやすくなりました。

 

H4:非ヘム鉄のデメリット・体内への吸収率が1〜6%と低い
鉄分は元々体内への吸収率が低い成分ですが、非ヘム鉄の体内への吸収率は1〜6%で、ヘム鉄に比べて更に吸収率が低いです。また、鉄分は体外への排出がほとんどされない性質を持っているため、過剰摂取となりやすいです。そのため、あえて非ヘム鉄を摂取することは、鉄分の過剰摂取を予防することに繋がります。ベルタ葉酸サプリは非ヘム鉄を高配合しているため、鉄分の過剰摂取の危険性がほとんどありません。

 

H4:非ヘム鉄は野菜や海藻に多く含まれる
非ヘム鉄は、野菜や海藻などに多く含まれている成分です。日本人は元々、野菜や海藻を多く摂る食生活を送っているため、体内への吸収率が低い非ヘム鉄を多く摂取しているという傾向がありました。しかし、現代は外食やファーストフードの普及などによる食生活の変化から、野菜や海藻を食べる量が減少し、非ヘム鉄を摂取する機会が減っています。そのため、現代人は非ヘム鉄が不足しやすいと言われています。妊娠中には特に、非ヘム鉄を配合しているサプリメントで不足しがちな栄養分を補うのがおすすめです。ベルタ葉酸サプリは非ヘム鉄を高配合しているサプリのため、手軽に栄養を補給でき、おすすめです。

 

H4:ヘム鉄のメリット・体内の吸収率が10〜20%と効率的
ヘム鉄は体内への吸収率が10〜20%と、非ヘム鉄に比べて体内への吸収率が高いです。そのため、立ちくらみや疲れがひどいなど、貧血の傾向が強い人は、より効率良く鉄分を摂取できるヘム鉄配合のサプリを摂取するのがおすすめです。しかし、ヘム鉄は吸収率が高いために、過剰摂取の危険性が高く、逆効果を招いてしまう可能性があるため、妊娠中はヘム鉄配合のサプリには注意が必要です。ベルタ葉酸サプリには体内への吸収率がヘム鉄よりも低い非ヘム鉄を配合しているため、過剰摂取の危険性がほとんどありません。そのため、ベルタ葉酸サプリは妊娠中にも安心して飲むことができ、必要な栄養を補うことができる葉酸サプリです。

 

H4:ヘム鉄のデメリット・鉄分の特有の臭いがきつく飲みにくい
ヘム鉄は肉や魚などの動物性食品に多く含まれる成分のため、鉄分特有の錆びたような臭い(豚や牛などの血の臭い)が強いのが特徴です。ベルタ葉酸サプリは以前、ヘム鉄を配合していたために臭いがきつく、飲みにくいという意見が多く寄せられていました。そのため、現在は臭いのほとんどない非ヘム鉄へ変更することで、臭いを気にせず飲むことができる葉酸サプリとしてリニューアルされました。妊娠中には体調不良やつわりがひどい時などがあり、臭いのきついサプリは飲みにくいです。妊娠中には、非ヘム鉄配合の葉酸サプリを飲むことをおすすめします。

 

H4:動物性食品にはビタミンAが多く含まれるため妊娠中は摂取量に注意が必要
動物性食品にはビタミンAが多く含まれています。そのため、肉や魚などの動物性食品由来のヘム鉄には、ビタミンAが含まれています。妊娠前3ヶ月〜妊娠3ヶ月までのビタミンAの過剰摂取には、胎児奇形のリスクの報告があります。そのため、妊娠を希望している人や妊娠初期の人は、ビタミンAの摂取量に注意が必要です。

 

ベルタ葉酸サプリの鉄分について・葉酸の同時摂取で貧血予防が可能

貧血には、鉄分が不足することによって起きる鉄欠乏性貧血と、葉酸やビタミンB12が不足することによって起きる巨赤芽球性貧血の2種類があります。月経のある女性は男性に比べて、鉄分が欠乏しやすいですが、妊娠中には更に葉酸を多く必要とするために、非妊娠時よりも葉酸が不足しやすくなります。そのため、鉄分の摂取と合わせて葉酸を摂取することで、貧血を予防することができます。ベルタ葉酸サプリは、通常の葉酸に比べて体内への吸収率が高い酵母葉酸を使用しているため、葉酸をしっかりと補うことができ、妊娠中の葉酸不足による貧血予防に効果的です。

 

H4:鉄分は赤血球中のヘモグロビンの生成を行っている
血液細胞には、赤血球や白血球があり、赤血球の中にはヘモグロビンが存在しています。ヘモグロビンには、肺にある酸素を血管内に送り届ける働きがあります。しかし、鉄分が不足するとヘモグロビンの生成が滞ってしまうため、それによってヘモグロビンの働きが弱まり、全身に酸素を送り届けることができなくなります。妊娠中は胎盤を通して胎児に血液が送られます。そのため、ヘモグロビンが不足した血液では、胎児の成長や細胞の活性化に必要な酸素やエネルギーが十分に送り届けられず、成長遅延を起こしやすくなります。ヘモグロビンは胎児の成長にとっても重要な役割を担っているのです。

 

H4:妊娠中に鉄欠乏性貧血になりやすい理由・鉄分は胎盤の成長に必要で妊娠中は不足しやすい
胎盤は、胎児に栄養を送る重要な役割を担う器官です。そして、胎盤は妊娠7週頃から15週末(妊娠4ヶ月)頃までに作られ、その後も妊娠後期まで胎盤は成長を続け、日々大きくなる胎児へ栄養を送り続けます。鉄分は胎盤の形成に必要な成分のため、鉄分が不足してしまうと、胎盤形成が十分に行われない可能性があります。胎児の成長遅延を防ぐためにも、胎盤の成長は不可欠なものです。そのため、妊娠中に鉄分をしっかりと補うことは、胎盤のスムーズな形成を促し、胎児の成長遅延を防ぐことに繋がるのです。妊娠中には、普段以上に鉄分をしっかりと摂取したいものです。ベルタ葉酸サプリは、十分に鉄分を配合しているため、鉄分を手軽に補うことができ、おすすめです。
H4:妊娠中に鉄欠乏性貧血になりやすい理由・妊娠中は非妊娠時の約2倍の血液量が必要
妊娠中は、妊婦の体重増加や胎児の血液量の確保のために、非妊娠時の約2倍の血液量が必要になります。貧血は、鉄分不足が原因となり、血液中のヘモグロビンが不足してしまう症状を指します。妊娠中は、妊娠中期や妊娠後期にかけて必要な血液量が増えていきます。そのため、非妊娠時に比べて貧血になりやすくなります。妊娠中は、鉄分をしっかりと補う必要があります。ベルタ葉酸サプリは、非ヘム鉄を高配合しているため、妊娠中の貧血予防に効果的です。

 

H4:葉酸不足は巨赤芽球性貧血(ビタミン欠乏性貧血)の原因となる
葉酸が不足すると、巨赤芽球性貧血(ビタミン欠乏症貧血)を引き起こす原因となります。巨赤芽球性貧血とは、葉酸不足やビタミンB12不足によって、DNAの合成が阻害されて正常な赤芽球が生み出されなくなり、異常な巨赤芽球が生み出されることで起こる貧血です。巨赤芽球性貧血によって、動悸や息切れなどの貧血症状、舌乳頭の萎縮や萎縮性胃炎などの消化器の症状、知覚や意識障害などの神経系の症状などが現われます。葉酸やビタミンB12は、正常な血液を作り出す手助けをする大切な成分です。妊娠中には、非妊娠時に比べて必要な血液量が増加するため、葉酸やビタミンB12を摂取することで、健康的な血液作りを促してくれます。

 

H4:葉酸は血液中の赤血球の生成に関与している
葉酸は、赤血球の細胞を生成したり、ビタミンB12とともに血液を生成したりと、正常な血液作りに欠かせない働きをしています。赤血球は、血液中の大部分を占めており、肺で生み出される酸素を全身へと送り届ける働きを担っています。妊娠中には非妊娠時に比べて約2倍の血液が必要となるため、葉酸が不足して赤血球の生成がスムーズにいかなくなると、めまいや立ちくらみなどの貧血症状を引き起こす原因となります。

 

H4:葉酸は胎児の成長や細胞分裂に必要な成分であり妊娠中は特に必要となる
葉酸は、赤血球の細胞を造る際に必要となるだけでなく、細胞分裂を促す働きも担っています。そのため、細胞分裂が活発な胎児の成長に必要で、とても大切な成分です。しかし、胎児は自分で葉酸を始めとした成長に必要な栄養分を摂取することはできないため、妊娠中の母体が十分に栄養分を普段よりも意識的に摂取する必要があります。また、葉酸は胎児が神経管閉鎖障害になるリスクを減らしてくれる効果が期待できる栄養素です。神経管閉鎖障害は、神経管の発育不全によって引き起こされるもので、死産や流産を招く可能性もあります。胎児の発育を促すためにも、神経管閉鎖障害になるリスクを減らすためにも、葉酸は十分に摂取する必要があります。

 

H4:妊娠中は体内への吸収率が高い酵母葉酸を積極的に摂り貧血を予防しよう
葉酸は本来、体内への吸収率が低い成分です。特に食品から摂取することができる天然葉酸のポリグルタミン酸型葉酸の吸収率は低く、それに比べると、多くの葉酸サプリに配合されている合成葉酸のモノグルタミン酸型葉酸の方が吸収率が高いです。しかし、ベルタ葉酸サプリは、合成葉酸よりもさらに体内への吸収率を高めた酵母葉酸を配合することによって、妊娠中の葉酸不足性貧血の予防が期待できます。酵母葉酸は、酵母に葉酸を含有させることで、葉酸が体内に留まる時間が長くなるため、効率良く葉酸を摂取することができます。そのため、妊娠中の葉酸摂取としても、効率良く体内へと吸収してくれるため、酵母葉酸配合のベルタ葉酸サプリはおすすめです。

 

ベルタ葉酸サプリの鉄分について・カルシウムの過剰摂取は鉄分の吸収を阻害する

カルシウムを過剰摂取すると、鉄分の吸収率を低下させてしまいます。カルシウムは、日常の食事からの摂取が容易で、そこにさらにカルシウムの含有量が多過ぎるサプリを摂取してしまうと、過剰摂取となってしまい、鉄分の吸収率を低下させてしまうことに繋がります。食事からのカルシウム摂取を考え、サプリのカルシウム含有量は250mg以内に抑えたいです。そのため、カルシウム含有量が250mgを超えて配合されているものは、過剰摂取の危険性があるため、おすすめできません。

 

H4:妊娠適齢期の女性のカルシウム1日推奨量は600〜700mg
ベルタ,葉酸,鉄分,口コミ,効果,含有量
引用:https://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/11/h1122-2b.html

 

H4:カルシウムは食事から摂取が容易な成分のため過剰摂取に注意が必要
カルシウムは、食事からの摂取が容易な成分ですが、日常の食事からの摂取だけでは過剰摂取になることはほとんどありません。しかし、カルシウムを配合しているサプリを摂取することで、カルシウムを過剰に摂取してしまう可能性があります。カルシウムの過剰摂取は、初期症状として、嘔吐や腹痛、便秘などの症状が現れます。さらに重症化すると、幻覚や昏睡、不整脈などの症状が現れます。そして、カルシウムの過剰摂取は、鉄や亜鉛などのミネラルの摂取を阻害する原因となってしまうため、摂取量には注意が必要です。ベルタ葉酸サプリは、カルシウムをバランス良く配合しているサプリメントのため、過剰摂取になる心配が少なく、安心して飲むことができるため、おすすめです。

 

H4:ベルタ葉酸サプリはカルシウム含有量232mgのため過剰摂取の危険性はない
妊娠適齢期の女性のカルシウムの1日摂取上限量は、2300mgとされています。カルシウムは、食事からの摂取が容易であるため、カルシウム含有量が250mg以上のサプリを選ぶのはおすすめしません。カルシウム含有量が250mg以下のものを選ぶと、安心して飲むことができます。ベルタ葉酸サプリは、カルシウム含有量が232mgのため、過剰摂取の心配がなく、おすすめです。

 

【ベルタ葉酸/鉄分】ベルタ葉酸サプリを妊娠中・授乳中に摂取した人の口コミ

ベルタ葉酸サプリは、妊娠前・妊娠中に欠かせない葉酸を始めとし、鉄分やビタミンなどの妊活に効果的な成分が豊富に配合されている、人気の葉酸サプリです。ベルタ葉酸サプリを実際に飲んでいる方の口コミから、妊娠前・妊娠中・授乳中など、それぞれの段階でどのような効果を感じられたのか、または感じられなかったのか、どのようなメリット・デメリットがあるのかなどを見ていきたいと思います。

 

妊娠中期の貧血検査でやや貧血気味があると言われサプリを飲むことにしました

毎日、栄養には気を付けていたつもりだったけれど、妊娠中期の血液検査で「やや貧血気味」と割れました。ヘモグロビン値は12〜16g/dlが女性の通常らしいのですが、私はヘモグロビン値9g/dlしかありませんでした。確かに、家事をしているだけで息切れやすかったなと振り返り、もっと早く気付けなかったことを反省。元々気を遣っていたつもりだったので、毎日の食事から補うのは難しいと思い、サプリを探しました。そして、たどり着いたのが鉄分配合の葉酸サプリのベルタ葉酸でした。ベルタ葉酸は鉄分だけでなく、葉酸や他のビタミンも一緒に配合されていて、口コミの評判も良かったので注文してみました。そうしたら、飲み始めてしばらくした頃からあまり息切れしなくなったように感じられるようになって、再度受けた貧血検査でもヘモグロビンが基準値まで戻っていました。これからも、また貧血対策に飲み続けたいと思います。

 

鉄分の過剰摂取の危険性をネットで見て怖いと思ったけど。。。

学生時代から貧血気味になることがよくあったので、鉄分配合のサプリメントを飲むのは毎日の日課のひとつでした。でも、妊娠をしてから色々な栄養について調べている中で、鉄分は過剰摂取すると色々な副作用が起こる危険性のあるものだということを知りました。それまでは足りない分、たくさん摂っておけば良いと思っていましたが、鉄分がからだから出て行きにくいということも知り、やっぱり一度にたくさん摂ったからといって体調とかが良くなるものではないですよね。妊娠中は普段よりも鉄分が必要にはなるけれど、だからと言って過剰に摂取したら逆にからだに悪いんだなと思いました。それからは、普段から飲むサプリも見直し、鉄分含有量に気を配るようになりました。今は鉄分の他にも色々な栄養が摂れるベルタ葉酸サプリを愛飲しています。鉄分含有量も多くないので、安心して飲んでいます。それでも最近はあまり貧血症状も気になっていないし、私には合っていたのかなと思っています。

 

出産後は立ちくらみや疲れ易さが辛かったけど、ベルタ葉酸サプリを飲んで辛さがなくなりました

【ベルタ葉酸/鉄分】妊娠中に鉄分が必要な理由と鉄分を豊富に含む食事について

妊娠中は、妊婦自身の体調・体質などの体の変化や、胎児の成長に伴って、鉄分が豊富に必要となります。特に、妊娠中は非妊娠時に比べて、血液量が約2倍となります。そのため、鉄欠乏性貧血になりやすく、鉄分を多く含むレバーやほうれん草、ひじきなどの食品を積極的に摂り、妊娠中の貧血を予防することが大切です。また、それに加えてサプリなどで足りない分の鉄分をしっかりと補ってあげることがおすすめです。

 

妊娠初期に鉄分が必要な理由

鉄分は、細胞のDNA生成や、細胞のエネルギー代謝に関わる重要な成分です。妊娠初期には、受精卵が活発に細胞分裂を始めたり、胎児の神経系の形成の大部分が行われたりする重要な時期のため、細胞にはより多くのエネルギーが必要となります。妊娠初期に鉄分不足を起こすことで、受精卵の成長が止まってしまったり、胎児の発育不全を引き起こしたりする可能性を高めてしまいます。ベルタ葉酸サプリは、非ヘム鉄が高配合されているため、鉄分不足を補うことができ、おすすめです。

 

妊娠中期に鉄分が必要な理由

妊娠中期には、胎盤の成長や胎児の成長、妊婦自身の体重増加や胎児への血液供給などで、妊娠初期よりも更に必要な血液量が増加するため、ますます鉄分が必要となります。そのため、妊娠後期以降は鉄分欠乏性貧血になる方が多くなります。ベルタ葉酸サプリは、非ヘム鉄が高配合されているため、おすすめです。

 

妊娠後期に鉄分が必要な理由

妊娠後期には、妊娠初期・妊娠中期に比べて必要な血液量が最大となり、非妊娠時に比べると、約2倍もの血液が必要となります。通常時の血液量は、一般的に体重の12分の1だと言われています。それが妊娠時には約2倍必要になるため、体重の6分の1が必要な血液量となると言えます。そのため、妊娠後期には特に、ヘモグロビン不足を原因とする貧血を起こしやすいです。また、妊娠後期の鉄分不足は、胎児の成長による不足と、循環血液量の増加による不足があり、ますます鉄分の補給が必要となります。ベルタ葉酸サプリは、過剰摂取の心配がなく、妊娠中にも安心して摂取できる非ヘム鉄を高配合しているため、おすすめです。

 

産後・授乳中に鉄分が必要な理由

産後は、出産に伴う出血や、羊水の消失により貧血になりやすいです。また、母乳は母親の血液から作られるため、普段よりも必要な血液量が多くなり、貧血になりやすいです。産後に急激に分泌されるプロラクチンは、乳腺の発育の促進や、乳汁分泌の開始や維持に効果的なホルモンです。このプロラクチンというホルモンの働きによって、乳房基底部から乳房に流れ込んだ血液により、母乳が作られます。そのため、乳房基底部の血液循環が悪いと、十分な量の母乳を作ることができません。貧血の人は血液が不足するため、母乳の量が低下します。そのため、産後も引き続き鉄分の補給が必要となります。ベルタ葉酸サプリは、過剰摂取の心配がなく、産後にも安心して摂取できる非ヘム鉄を高配合しているため、おすすめです。

 

鉄分を多く含む食品について

鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。ヘム鉄は主に、肉や魚などの動物性食品に多く含まれており、非ヘム鉄は野菜や海藻などの植物性食品に多く含まれています。可食部100gあたりの非ヘム鉄含有量が多い野菜は、1位がパセリの7.5mg、2位が大根の葉の3.1mg、3位が切り干し大根で3.1mgで、他にも10位以内には、小松菜や枝豆、水菜やほうれん草などがランクインしています。

 

H4:鉄分を豊富に含む海藻(非ヘム鉄を多く含む)
ベルタ,葉酸,鉄分,口コミ,効果,含有量
鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。ヘム鉄は主に、肉や魚などの動物性食品に多く含まれており、非ヘム鉄は野菜や海藻などの植物性食品に多く含まれています。可食部100gあたりの非ヘム鉄含有量が多い海藻は、1位が乾燥あおのりの74.8mg、2位がひじきの55.0mg、3位が焼き海苔で11.4mgで、他にも味付け海苔やとろろ昆布に多く含まれています。

 

H4:鉄分を豊富に含む動物性食品(ヘム鉄を多く含む)
ベルタ,葉酸,鉄分,口コミ,効果,含有量
鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。ヘム鉄は主に、肉や魚などの動物性食品に多く含まれており、非ヘム鉄は野菜や海藻などの植物性食品に多く含まれています。可食部100gあたりのヘム鉄含有量が多い動物性食品は、1位が豚レバーの13mg、2位が鶏レバーの9mg、3位がレバーペーストで7.7mgで、他にも10位以内には、牛ノミ・牛センマイやビーフジャーキー、鴨などがランクインしています。

 

鉄分の吸収率をアップする成分・ビタミンC

鉄分は吸収率の悪い成分のため、食事からの摂取のみでは不足しがちです。しかし、鉄分はビタミンCと同時に摂取することによって、吸収率をアップさせることができます。ビタミンCは手軽に食品から摂取できるため、鉄分配合のサプリを摂取する際には、果物や野菜などのビタミンCが豊富に含まれている食品と一緒に摂るのがおすすめです。

 

H4:ベルタ葉酸サプリのビタミンC配合量は非公表
ベルタ葉酸サプリは、成分配合量は企業秘密のため、公表していません。しかし、成分の原材料表記を調べると、ベルタ葉酸サプリのビタミンC配合量は30mg〜500mgの間だと分かります。ベルタ葉酸サプリを飲む際は、ビタミンCを多く含む果物や野菜も一緒に摂取することで、効率良く吸収率をアップさせることができるので、一緒に摂取するのがおすすめです。

 

鉄分の吸収率をアップする成分・タンパク質

鉄分は、ビタミンCと一緒に摂取するだけでなく、たんぱく質と一緒に摂取することでも吸収率をアップさせることができます。たんぱく質はアミノ酸から作られているため、サプリを選ぶ際は、アミノ酸を高配合しているものがおすすめです。ベルタ葉酸サプリは、アミノ酸含有量が豊富で、非ヘム鉄20mg配合のため、効率良く鉄分を摂取することができます。

 

H4:ヘモグロビンは鉄分とタンパク質から構成される
ヘモグロビンは血液細胞の中に含まれる成分で、肺にある酸素を血管の中に取り込み、全身に届ける役割を担っています。ヘモグロビンは鉄分とたんぱく質から構成されているため、鉄分とたんぱく質の両方を摂取する必要があります。また、鉄分はたんぱく質と同時に摂取することで、効率良く吸収されるため、たんぱく質の構成成分であるアミノ酸を高配合しているサプリを選ぶのがおすすめです。ベルタ葉酸サプリは、アミノ酸と鉄分の両方を高配合しているため、効率良く両方の成分を摂取することができ、おすすめです。

 

H4:妊娠中は非妊娠時に比べ血液量が約2倍に増えるため多くのヘモグロビンが必要となる
妊娠中は胎児に栄養を届けるために、非妊娠時の約2倍の血液量が必要となります。必要な血液量が増えるため、ヘモグロビンの必要量も増加します。血液は、臍帯(へその緒)を通して胎児に酸素や栄養を届けています。そのため、血液中に酸素を取り込むヘモグロビンが不足すると、胎児に必要な酸素や栄養を届けることができなくなってしまいます。そして、酸素や栄養が不足した胎児は、発育不全となる可能性があるため、妊娠中はヘモグロビンの材料となる鉄分を積極的に摂ることをおすすめします。ベルタ葉酸サプリは、鉄分を豊富に含んでいるため、妊娠中の貧血予防に効果的です。

 

妊娠中に鉄分が不足するとどうなるのか?

鉄分の主な働きは、ヘモグロビンを作ることです。ヘモグロビンは、肺にある酸素を血管内に取り込む働きを担っています。妊娠中は非妊娠時に比べて必要な血液量が約2倍となるため、多くの人が鉄欠乏性貧血となります。鉄欠乏性貧血になると、妊婦と胎児のそれぞれにとって悪影響があります。妊婦への悪影響は、立ちくらみ・めまい・吐き気・疲れやすさ・息苦しさなどの貧血症状が出ることです。胎児への悪影響は、鉄分不足によるヘモグロビンの生成不良によって十分な酸素や栄養が運ばれなくなることによる発育不全を起こす可能性があることです。ベルタ葉酸サプリは、鉄分を高配合しており、妊娠中の貧血予防に効果的です。

 

H4:鉄欠乏性貧血の症状
妊娠中は、非妊娠時に比べて必要な血液量が約2倍となるため、多くの人が鉄欠乏性貧血となる可能性が高いです。鉄欠乏性貧血になると、妊婦と胎児のそれぞれにとって様々な症状が出るなどの悪影響があります。妊婦への悪影響には、例えば、立ちくらみ・めまい・吐き気・疲れやすさ・息苦しさなどの貧血症状が出ることが挙げられます。また、胎児への悪影響には、例えば、鉄分不足によるヘモグロビンの生成不良によって十分な酸素や栄養が運ばれなくなり、発育不全を起こす可能性があることが挙げられます。鉄欠乏性貧血を防ぐためにも、鉄分を高配合しているサプリで日々の不足分を補うのがおすすめです。

 

H4:胎児の発育遅延や早産の原因となることがある
妊娠中には非妊娠時に比べて必要な血液量が約2倍となることで、多くの人が鉄欠乏性貧血になる可能性があります。鉄欠乏性貧血は、発育遅延や早産の原因となり得ます。鉄分が不足することによって、ヘモグロビンの生成が滞り、十分な酸素や栄養が運ばれなくなることで、胎児の発育遅延に繋がったり、最悪、早産を招く可能性があります。妊娠中に特に不足しがちな鉄分を補うことで、鉄欠乏性貧血の予防となります。そのため、鉄分を高配合しているサプリで日々の不足分を補うことで、様々なリスクを未然に防ぐことに繋がります。

 

【ベルタ葉酸/鉄分】鉄分は体内からほとんど排出されないため副作用に注意が必要

鉄分は、微量ミネラルのひとつで、体内に極僅かに存在している成分です。そして、鉄分は性質上、内外に排出されにくい性質を持つため、過剰摂取による鉄中毒に注意が必要です。鉄中毒は、吐き気や頭痛を始めとした様々な症状を引き起こす可能性があります。ベルタ葉酸サプリに含まれる鉄分は、吸収率が低い非ヘム鉄です。非ヘム鉄はヘム鉄に比べて吸収率が低いため、鉄中毒になる危険性はほとんどありません。妊娠中には十分な鉄分の摂取が必要となりますが、同時に、過剰摂取への注意も必要となります。そのため、鉄分配合のサプリを選ぶ際は、その配合量にも注意が必要です。ベルタ葉酸サプリは、鉄分20mg配合で過剰摂取の心配がなく、鉄分摂取としては十分な量が摂取できる配合量となっているため、おすすめです。

 

鉄分の過剰摂取による鉄中毒の症状

鉄分は体外に排出されにくい性質があるため、過剰摂取によって鉄中毒を起こすリスクがあります。適量の鉄分は体内に貯蔵され、タンパク質と結合して赤血球やヘモグロビンを作ります。しかし、鉄中毒症では、過剰に摂取した鉄分が体内に貯蔵できる量を上回る状態となっているため、体内の過酸化水素と結合して活性酸素を作り、心臓や肝臓・脳などの細胞を壊していきます。そのため、急性鉄中毒では、死亡例もあります。特に胎児・乳幼児は、鉄の許容上限が少ないため、鉄中毒になりやすいです。妊娠中は十分な鉄分摂取が必要ですが、鉄分の配合量が多すぎるサプリはかえって過剰摂取を招くため、危険です。ベルタ葉酸サプリに含まれる鉄分は、ヘム鉄に比べて体内への吸収率が低い非ヘム鉄のため、過剰摂取の危険性はほとんどありません。妊娠中は非ヘム鉄配合のサプリを選ぶのがおすすめです。

 

鉄分は空腹時に摂取すると吐き気や便秘などの消化器症状を起こしやすい

鉄分は空腹時に摂取すると、胃や十二指腸で放出されるため、刺激が強く、吐き気や便秘などの消化器症状を引き起こす原因となります。空腹時の鉄分摂取方が吸収率が高いとすすめる情報もありますが、空腹時の摂取では消化器症状が強く出やすく、おすすめできません。また、食後に飲んでも効果は変わらないため、食後の摂取がおすすめです。ベルタ葉酸サプリはヘム鉄に比べて吸収率が低い非ヘム鉄を配合しているため、過剰摂取の心配もなく、おすすめです。

 

鉄過剰症の原因となる疾患・骨髄異形成症候群(鉄芽球性貧血)

鉄過剰症の原因となる疾患のひとつに、骨髄異形成症候群(鉄芽球性貧血)があります。これは、赤血球・血小板・白血球の3種類の血液細胞の基となる造血幹細胞に異常が起こる病気です。異常が起きた造血幹細胞で造られた血液細胞は、機能や形状に異常が現われることがあります。そのため、未熟な細胞のままで止まってしまったり、細胞が壊れることによって無効造血が生じ、血液の中を流れる血液細胞が減ってしまったりという症状を引き起こします。また、骨髄異形成症候群の症状が改善されないまま進行してしまうことで、急性骨髄性白血病へと移行するリスクが高まります。骨髄異形成症候群の具体的な症状としては、顔色不良・倦怠感・動悸・息切れ・皮膚や粘膜の点状出血・鼻出血などがあります。また、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなり、発熱を伴うこともあります。

 

鉄過剰症の原因となる疾患・再生不良性貧血

鉄過剰症の原因となる疾患のひとつに、再生不良性貧血があります。これは、血液中の白血球・赤血球・血小板のすべてが減少してしまう病気です。再生不良性貧血の症状としては、貧血症状、感染による発熱や出血などが挙げられます。具体的には、赤血球の減少によって、脳・筋肉・心臓など、全身で酸素欠乏の症状が起こり、めまい・頭痛・倦怠感・疲労感・胸痛・顔色不良などの症状が起こることがあります。その他にも、酸素欠乏を解消するために呼吸が速くなったり、心拍数が多くなったりする症状が見られることもあります。

 

鉄分の摂取を控えたほうが良い疾患・C型肝炎

鉄分摂取を控えた方が良い疾患のひとつに、C型肝炎が挙げられます。鉄分は、体外へ排出されにくい性質を持っており、もし体内に鉄が過剰に存在した場合は、肝臓に蓄えられるようになっています。また、腸からの鉄の吸収を抑制する、ヘプシジンというホルモンを造り出す場所でもあります。しかし、C型肝炎の場合、このヘプシジンの産生を促すとともに、血液中から肝実質細胞へと鉄を取り込む働きを促進します。それにより、体内に鉄が過剰にある状態となり、鉄過剰症を合併してしまう可能性があるため、C型肝炎の方は、鉄分摂取を控えた方が良いとされています。

 

鉄分の摂取を控えたほうが良い疾患・慢性肝炎

鉄分摂取を控えた方が良い疾患のひとつに、慢性肝炎が挙げられます。鉄分は、体外へ排出されにくい性質を持っており、もし体内に鉄が過剰に存在した場合は、肝臓に蓄えられるようになっています。しかし、慢性肝炎の場合は肝臓が炎症を起こしている状態のため、鉄分が沈着することによってより炎症を強めてしまいます。また、慢性肝炎の方は、鉄が蓄積していくため、鉄過剰症になりやすいです。そのため、慢性肝炎を患っている方は、鉄分摂取を控えた方が良いとされています。

 

鉄分の摂取を控えたほうが良い疾患・肝硬変

鉄分摂取を控えた方が良い疾患のひとつに、肝硬変が挙げられます。肝硬変とは、C型肝炎・B型肝炎・脂肪肝・アルコール性肝障害などの様々な肝臓疾患が進行したことで、肝臓に線維化が起こり、肝臓が正常な構造を保てなくなるものです。それによって肝臓は正常な働きをすることができなくなり、血流異常などを引き起こします。肝硬変で硬くなった肝臓は、基本的に元の状態には戻らないため、原因が取り除かれないままに線維化が進行すると、最終的には肝臓が全く機能しなくなる、肝不全に陥ってしまいます。鉄分を貯蔵する肝臓に疾患が起きると、鉄分が体内に過剰に貯蔵される鉄過剰症を引き起こします。そのため、肝硬変などの肝臓疾患を患っている方は、鉄分摂取を控えた方が良いとされています。

 

鉄分の摂取に注意が必要な人・主に5歳以下の幼児

鉄分の摂取に注意が必要な人に、主に5歳以下の幼児が挙げられます。鉄分は体内への吸収率が低い成分のため、普段の食事からは過剰に摂取する可能性がかなり低いです。しかし、同時に体外へ排出されにくい性質を持っているため、普段の食事で鉄分が不足するからと言って、サプリや鉄分で過剰に摂取するのは危険です。特に、5歳以下の幼児は、大人に比べて鉄分の必要量も許容量も低いため、鉄剤やサプリメントで補おうとすると、逆に過剰になりすぎてしまいます。鉄分の過剰摂取は、鉄過剰症を引き起こす原因となります。そのため、5歳以下の幼児の鉄分摂取には、注意が必要です。

 

鉄分の摂取に注意が必要な人・成人男性

鉄分の摂取に注意が必要な人に、成人男性が挙げられます。成人男性の鉄分の1日所要量は、10mgとされています。それに比べ、女性には生理があるため、1日所要量は男性よりも少し多い12mgとされています。そして、妊娠中にはさらに必要量が約2倍の20mgになるとされています。以上のように、男性は女性と違って生理などがないため、鉄分が体外へ排出される機会が少なく、女性に比べて体内に鉄分が蓄積されやすいです。そのため、妊娠中の女性と同じように鉄分を摂取してしまうと、鉄過剰症になってしまいます。それぞれに必要量が異なるため、サプリなどで鉄分を摂取する際は、配合量に注意が必要です。

 

鉄分の摂取に注意が必要な人・閉経後の女性

鉄分の摂取に注意が必要な人に、閉経後の女性が挙げられます。女性には生理があるため、1日所要量は男性よりも少し多い12mgとされています。そして、妊娠中にはさらに必要量が約2倍の20mgになるとされています。しかし、生理の終わった閉経後の女性では、生理などがないため、鉄分が体外へ排出される機会が少なくなり、体内に鉄分が蓄積されやすくなります。そのため、妊娠中と同じように鉄分を摂取してしまうと、鉄過剰症になってしまいます。それぞれの年代ごとに必要量が異なるため、サプリなどで鉄分を摂取する際は、配合量に注意が必要です。

 

【ベルタ葉酸/鉄分】鉄分を含むミネラルは16種類あり飲み合わせにより吸収率が低下するため注意が必要

<多量ミネラルの1日摂取量>
ベルタ,葉酸,鉄分,口コミ,効果,含有量

 

<微量ミネラルの1日摂取量>
ベルタ,葉酸,鉄分,口コミ,効果,含有量

 

ミネラルは、現在16種類あるとされています。ミネラルはそれぞれに様々な働きを担っているため、似たような働きを持つミネラルを同時に摂取すると、吸収率が低下したり、作用が弱くなったりすることがあります。反対に、同時に摂取することで相乗効果が得られるものもあり、飲み合わせによって同じ期間摂取していても、効果に差が出てくるため、飲み合わせには注意が必要です。ベルタ葉酸サプリは、成分の配合量を工夫し、ベストバランスで配合しているため、それぞれの成分の吸収率を妨げない配合を実現しており、効率良くそれぞれの成分を摂取することができるため、おすすめです。

 

主要ミネラル・ナトリウムの働き

ナトリウムは、人間のからだに必要な主要ミネラルのひとつで、体内の体液量の調整・神経機能や筋肉の動きを正常に保つ働きがあります。また、熱中症や脱水症状にもナトリウムは効果的な成分です。ナトリウムは基本的に、適量以上は尿と一緒に体外に排泄されるため、過剰摂取することで高血圧や血管系の病気などを招く可能性があり、悪者扱いされてしまいがちです。しかし、カリウムと相互にバランスを取りながら体液の量を調節するなど、健康維持のためには欠かすことができない存在で、過剰にあっても不足していても、健康維持ができなくなってしまいます。そのため、普段から適切な量のナトリウム摂取を心掛ける必要があります。ナトリウムは、醤油や食塩などの調味料や梅干しなどの漬物類、明太子やハムなどの加工食品など、非常に多くの食品に含まれており、普通に食事をしている場合には、まず不足することはありません。反対に、しょっぱいものが好きな方は、摂取のし過ぎに注意が必要です。

 

主要ミネラル・カルシウムの働き

カルシウムは、人間のからだに必要な主要ミネラルのひとつで、骨や歯を構成するだけでなく、血液などの体液や、筋肉組織の中にも存在しています。骨や歯を丈夫に保つことはもちろん、血液中にあるカルシウムには出血を止める働きがあり、筋肉組織にあるカルシウムには神経の働きや筋肉運動などの生命維持活動を行なうという重要な役割があります。カルシウムは、日々の生活で必要とされるだけでなく、成長にとっても必要とされる大切な栄養素です。特に、赤ちゃんの発育や子どもの成長期には欠かせない成分のため、妊娠中や授乳中には、ぜひ積極的に摂りたいです。カルシウムは不足することで、骨粗しょう症になる可能性が高まりますが、一度に多く摂取しても吸収量に限りがあるため、継続して毎日摂取することで、予防に繋がります。一方、過剰に摂取すると、泌尿器系結石や他のミネラルの吸収を抑制してしまうなどの影響があるため、過剰摂取しないよう注意が必要です。日々の食事からの過剰摂取はほとんど心配ありませんが、サプリなどで不足分を補おうとする場合は、1日の摂取量やカルシウム配合量に気を配る必要があります。

 

主要ミネラル・カリウムの働き

カリウムは、人間のからだに必要な主要ミネラルのひとつで、ナトリウムとお互いにバランスを取り合いながら、細胞や血圧を正常に保ち、良い状態を維持する働きを担っています。カリウムは多くの食品に含まれているため、毎食しっかりと食事ができている場合は、基本的に不足する心配はありません。しかし、偏食や欠食する人では不足してしまう場合があるため、毎食しっかりと食事を摂取するのがおすすめです。また、カリウムには血圧を下げる働きがあるため、高血圧を始めとした生活習慣病の予防のためにも、しっかりと摂取することが望まれます。一方で、カリウムの過剰摂取は腎機能を低下させ、カリウムが体外へ排泄されにくくなるため、高カリウム血症を招く危険性があります。一度に多量に摂取するのではなく、適量の摂取を心掛けましょう。

 

主要ミネラル・マグネシウムの働き

マグネシウムは、人間のからだに必要な主要ミネラルのひとつで、50〜60%が骨に含まれており、神経の興奮を抑える働き・エネルギー作りのサポート・血圧維持など、生命維持に重要な働きを担っています。マグネシウムは、ナッツ類・魚介類・豆類などに多く含まれており、日本人は現在も高い割合で穀物類から摂取していると言われています。マグネシウムは、不足することで骨粗しょう症・心疾患・糖尿病などの生活習慣病を招くと言われています。現代はダイエットなどで食事制限をし、必要量摂取がされていないことが多くなっているため、積極的な摂取が望まれます。一方で、マグネシウムの過剰摂取では下痢などの症状が出る場合があるため、適量の摂取を心掛ける必要があります。

 

主要ミネラル・リンの働き

リンは、人間のからだに必要な主要ミネラルのひとつで、カルシウムやマグネシウムとともに骨や歯をつくったり、筋肉や脳、神経などの組織でエネルギーをつくり出す重要な役割を担っています。リンはカルシウムの代謝に深く関わっており、カルシウムの摂取量が低い状態でリンを過剰に摂取すると、骨量や骨密度の減少を招くと言われています。骨を丈夫にするためにカルシウムは欠かせませんが、同時に、リンを摂り過ぎないよう注意する必要があります。リンは、肉や魚、乳製品などの多くの食品に含まれているため、基本的には不足する心配はありません。反対に、過剰摂取になりやすいため、注意が必要です。特に、外食や加工食品をよく食べる方は、リンの摂取量が多くなってしまう可能性があります。そのため、なるべく外食や加工食品を摂らない食生活へと見直すとともに、骨量などの減少を招かないためにも、カルシウムを多く摂取できる食品を摂ることをおすすめします。

 

主要ミネラル・硫黄の働き

硫黄は、人間のからだに必要な主要ミネラルのひとつで、皮膚や髪、爪などを構成しています。硫黄は、魚介類、や肉類、卵やチーズなどの食品に多く含まれています。ビタミンBやパントテン酸と結合することで補酵素となり、糖質や脂質の代謝を促進する働きがあります。また、その他にも有害ミネラルが蓄積するのを防止する働きや、細菌感染に対する抵抗力の向上、肝臓の胆汁分泌の促進、軟骨・骨・腱を生成、関節の強化、抗酸化作用、動脈硬化症をはじめとした生活習慣病を予防する働きを担っています。

 

主要ミネラル・塩素の働き

塩素は、人間のからだに必要な主要ミネラルのひとつで、食物の殺菌・消化を促進する働きを持っています。また、たんぱく質を消化する酵素であるペプシンの働きを活性化させる作用、胃や体内、血液のpHバランスの調整、膵液の分泌の促進、肝臓機能の向上、体内の老廃物除去などに効果的な成分です。塩素は、漬物や干物、調味料などの食塩に多く含まれています。

 

微量ミネラル・鉄分の働き

鉄分は、人間のからだに必要な微量ミネラルのひとつで、主に血液中の赤血球を造るヘモグロビンとして働いています。ヘモグロビンは、酸素と結び付いて、肺からからだの隅々まで酸素を運ぶ重要な役割を担っています。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があり、ヘム鉄は肉や魚などの動物性植物に含まれ、非ヘム鉄は野菜や海藻などの植物性食品に含まれています。ヘム鉄は非ヘム鉄に吸収率が高いですが、鉄分には体外に排出されにくい性質があるため、過剰摂取にならないように注意が必要です。しかし、特に生理のある女性は鉄分が不足しやすく、鉄欠乏性貧血になる確率が高いです。貧血は、めまいや立ちくらみ、倦怠感などを招くため、鉄分はしっかりと摂取する必要があります。過剰摂取は過剰症や鉄中毒を招くため、適量の摂取を心掛ける必要があります。

 

微量ミネラル・亜鉛の働き

亜鉛は、人間のからだに必要な微量ミネラルのひとつで、たんぱく質の合成や、遺伝子情報を伝えるDNAを転写する際に必要となるため、細胞の生まれ変わりが活発なところで主に必要とされます。また、新陳代謝に必要な酵素を作る働きもあり、欠かすことができない成分です。亜鉛は、魚介類や肉類、藻類に多く含まれており、不足することで新陳代謝の活発な味らい(味を感じる器官)の細胞の生まれ変わりが正常にいかず、味覚障害を引き起こすとされています。亜鉛は、食事からの過剰摂取の心配はほとんどありませんが、サプリメントなどで過剰摂取してしまった場合は、銅の吸収を阻害してしまうため、銅欠乏性貧血の原因となり得ます。そのため、サプリメントなどの摂取には注意が必要です。

 

微量ミネラル・クロムの働き

クロムは、人間のからだに必要な微量ミネラルのひとつで、糖質や脂質の代謝に重要な働きかけをする成分で、魚介類・肉類・野菜類・穀物など、幅広い食品に含まれています。クロムは、血液中のブドウ糖の調整、正常な値の血糖値維持、糖質や脂質の代謝を助けるなどの働きを担っています。また、インスリンと結合することで、耐糖因子となって糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病を予防したり、中性脂肪やコレステロール値を改善したり、肥満を予防するなどの効果も期待できます。

 

微量ミネラル・銅の働き

銅は、人間のからだに必要な微量ミネラルのひとつで、赤血球中のヘモグロビンをつくるために鉄を必要な場所に運ぶ役割を担っています。また、銅は酵素となって活性酸素を除去したり、骨の形成を助けたりする働きもしています。そのため、鉄が十分にあったとしても、銅がなければ赤血球をうまくつくることはできず、銅不足は銅欠乏性貧血の原因となりますが、基本的には不足することはありません。一方で、過剰摂取によって、肝障害などの中毒症状が現われる場合もあるため、摂取量には注意が必要です。銅は、魚介類やナッツ類、大豆など、多くの食品に含まれています。

 

微量ミネラル・マンガンの働き

マンガンは、人間のからだに必要な微量ミネラルのひとつで、骨の形成や、様々な酵素の構成成分として、成長や生殖に関係している働きをする成分です。主に全粒穀類や豆類、ナッツ類や茶葉などの植物性食品に含まれています。マンガンは、必要な量が微量なことに加え、多くの食品に含まれていることから、普段の食生活で不足する心配はほとんどありません。また、過剰に摂取することによる過剰症にも特別な報告以外はないため、摂り過ぎる心配もほとんどありません。

 

微量ミネラル・ヨウ素の働き

ヨウ素は、人間のからだに必要な微量ミネラルのひとつで、からだの成長や発達、発育に関わる甲状腺ホルモンをつくる働きを持ち、成長期には特に必要となる成分です。また、脂質やたんぱく質、糖質などの代謝を促進し、体脂肪の燃焼を促すため、肥満を防ぐ働きや、乳癌の成長を抑制する働きも担っています。ヨウ素は、主に海藻類に多く含まれています。ヨウ素不足は、甲状腺肥大や甲状腺腫を招きます。それに加え、妊娠中のヨウ素不足は、死産や流産、胎児の甲状腺機能を低下させる可能性があるため、しっかりと摂取する必要があります。また、ヨウ素不足解消のために過剰に摂取すると、甲状腺機能を低下させる危険性があるため、継続して毎日必要量を摂取する必要があります。

 

微量ミネラル・セレンの働き

セレンは、人間のからだに必要な微量ミネラルのひとつで、酸素やたんぱく質の一部を構成しています。抗酸化反応に重要な働きを担っていますが、セレンは毒性が強く、また、必要量と中毒量にあまり差がないため、サプリメントなどから摂取する際は、注意が必要です。セレンは、藻類や魚介類、肉類や卵黄に豊富に含まれているため、通常の食事で不足する心配はほとんどありません。

 

微量ミネラル・モリブデンの働き

モリブデンは、人間のからだに必要な微量ミネラルのひとつで、腎臓や肝臓に多く存在し、尿酸の代謝や酸化還元反応を助ける酵素の構成成分の一部としての働きをしています。モリブデンの必要量はごく微量のため、通常の食事で不足する心配はほとんどありません。しかし、不足した場合、脈が早くなったり、頭痛や暗いところでものが見えにくくなる夜盲症を引き起こしたりする可能性があります。一方で、過剰に摂取すると、高尿酸血症になる恐れがあります。また、銅が不足している状態でモリブデンを摂取し過ぎることでも高尿酸血症になる恐れがあります。ただし、基本的には、体内に入った過剰な分は尿と一緒に排泄されるため、過剰症の心配はほとんどありません。

 

微量ミネラル・コバルトの働き

コバルトは、人間のからだに必要な微量ミネラルのひとつで、骨髄内で正常な赤血球のヘモグロビンの合成を促す、葉酸や鉄と同じ働きをします。コバルトはビタミンB12の構成成分のひとつで、肉類・魚介類・乳製品などの動物性食品に多く含まれています。その他にも、様々な酵素の活性化・悪性貧血の抑制・神経機能の正常化・精神を安定させる作用・筋の萎縮を防止するなどの働きを担っています。

 

似通った性質のミネラル同士では吸収や働きを妨げる

必須ミネラルは現在16種類あり、その中でも、主要ミネラルと微量ミネラルとに分類されます。主要ミネラルは、カルシウム・リン・カリウム・硫黄・塩素・ナトリウム・マグネシウムの7種類で、微量ミネラルは、鉄・亜鉛・銅・マンガン・クロム・ヨウ素・セレン・モリブデン・コバルトの9種類です。必須ミネラルは、体内で合成することができないため、食品から摂取する必要があります。ミネラルは他の栄養素と同じように、不足すれば欠乏症になり、過剰摂取は過剰症や中毒を引き起こす危険性があるため、適量の摂取が望まれます。しかし、すべて同時に摂れば良いというわけではなく、似通った性質のミネラル同士は、吸収率を低下させたり、お互いの働きを妨げたりするため、効率良く摂取するためには、組み合わせに注意し、バランス良く摂取する必要があります。

 

H4:ビタミンとミネラルの関係について
私たちのからだは、食事から摂取した栄養素を分解してエネルギーなどに変換しています。この、栄養素をエネルギーに変換する働きを代謝と呼び、体内で代謝が行なわれる際には、体内の酵素を分解して吸収し、それをさらに再合成する必要があるため、その際のサポート役として働くビタミンやミネラルは、代謝に欠かせない必須成分です。ビタミンやミネラルは補酵素として、酵素が効率良く働くためのサポート役を担っており、体内の代謝に深い関わりを持ちます。ビタミンやミネラルは、それぞれが協力して代謝をサポートする働きをしますが、その中でも相乗効果を高める組み合わせと相性の悪い組み合わせがあるため、同時に摂取する成分同士の相性には気を配る必要があります。ベルタ葉酸サプリは、成分の配合バランスが良く、ビタミン・ミネラルを効率良く吸収することができるため、成分同士の組み合わせに頭を悩ませる必要がなく、おすすめです。

 

H4:ビタミンCは鉄分の吸収率をアップする
鉄分にはヘム鉄(二価鉄)と非ヘム鉄(三価鉄)の2種類があります。鉄は、体内に吸収される際、二価鉄の状態でなければ吸収できません。そして、三価鉄は還元作用によって二価鉄に変化してから吸収されます。この還元作用には、酵素やビタミンCなどの補酵素が必要となります。そのため、ビタミンCと非ヘム鉄を同時摂取することで、鉄分の吸収率をアップさせることができ、効率良く摂取できるようになるため、同時に摂取するのがおすすめです。

 

H4:銅は鉄分の吸収率をアップ
赤血球を構成するヘモグロビンの赤い色素は、鉄を主成分としていますが、銅は、ヘモグロビンを造るために鉄を必要な場所へと運搬する役割を担っているため、血液作りに欠かせないサポート成分であるといえます。そのため、鉄が十分にあっても、銅がなければヘモグロビンを造ることができずに赤血球がうまく機能できなくなってしまうため、貧血に繋がってしまいます。また、銅は鉄分と同時摂取することで、吸収率をアップさせてくれます。ミネラルは飲み合わせによって効果を弱めてしまうものもありますが、銅と鉄分は、同時に摂取することで効率良くそれぞれの効果を発揮できるため相乗効果を持つため、おすすめの飲み合わせです。