【ベルタ葉酸 妊娠中】飲み方

葉酸は、妊娠初期、中期、後期の全てにおいて必要になってきます。また、ベルタ葉酸は、1日4粒(400μg)が目安になっています。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】妊娠初期の飲み方

ベルタ葉酸サプリは妊娠初期でも安心して飲むことが出来るサプリメントです。葉酸には胎児の先天性異常(主に神経管閉鎖将棋)のリスクを低減する効果があります。ほとんどの先天性異常は妊娠10週までに起こるため、葉酸サプリを妊娠初期に飲むことで予防することが可能です。また、妊娠中・授乳中には貧血になりやすいため、造血作用のある葉酸を摂取することで貧血予防にもなります。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】妊娠中期の飲み方

ベルタ葉酸サプリは妊娠中期でも安心して飲むことが出来ます。妊娠中期は、胎児の骨や筋肉が必要な時期です。胎児は妊婦の胎盤を通して血液などの栄養を摂取するので、妊娠中は血液が不足して貧血になりやすくなります。葉酸には造血作用があり、血液を作るのに役立つので貧血予防になります。また葉酸には妊娠中のつわりの症状を緩和・改善する効果があります。更に、妊娠による自律神経の乱れを整え、体調不良を改善する効果もあります。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】妊娠後期の飲み方

ベルタ葉酸サプリは妊娠後期でも安心して飲むことが出来ます。妊娠後期になると胎児に必要な栄養はさらに増え、脳と体の機能が新生児と同じくらいまで成長しています。胎児への栄養は胎盤を通して母体である女性から吸収されるため、栄養のもととなる血液を作るために造血作用のある葉酸を摂取する必要があります。また、妊娠時は循環血液量が非妊娠時の1,5倍〜2倍になるので、造血作用のある葉酸が必要となり、授乳の時の母乳と材料となるのも葉酸なので、血液を効率よく生成するために葉酸が必要となるのです。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】何粒飲んだらよいのか

ベルタ,葉酸,妊娠中,飲み方
ベルタ葉酸サプリは一粒に100μgはいっています。葉酸の摂取推奨量は妊娠期間によって変わってくるため注意が必要です。妊娠初期は4粒(+400μg)、妊娠中期は3粒(+300μg)、妊娠後期は1粒(+100μg)が推奨です。葉酸は不足しても悪影響ですが、過剰摂取してしまった場合も身体に悪影響を及ぼすので、容量を守って摂取するようにしましょう。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】何回飲めばよいのか

葉酸は水溶性のビタミンなので、吸収率が悪いというデメリットがあります。水に溶けやすく、尿と一緒に体外に排出されてしまいます。一日に必要な葉酸の摂取量のサプリを一度に摂取してしまうと効率が悪くなってしまうので、ベルタ葉酸サプリを飲むときは複数回に分けて飲むようにしましょう。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】いつからいつまで飲んだらよい?

ベルタ葉酸サプリは妊活中から妊娠中、出産後から授乳中までずっと飲み続けることをオススメします。ベルタ葉酸サプリには、葉酸は妊活開始から妊娠中、出産後、授乳中どの期間であっても必要とする成分です。それ以外にもベルタ葉酸サプリには妊活中の期間に摂取してほしい成分を配合してあるので飲み続けたほうが良いのです。

【ベルタ葉酸 妊娠中】副作用

ベルタ葉酸サプリの副作用について調査しました。アレルギーや過剰摂取や妊娠中の副作用について。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】アレルギー大丈夫

サプリメントには様々な成分が配合されているため、人によっては体質や体調により身体に合わない場合もあります。商品詳細ページに原材料が記載されているので、食品アレルギーの方や、心配のある方は、必ず確認するようにしましょう。

 

ベルタ,葉酸,妊娠中,飲み方

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】母親の葉酸過敏症による副作用

葉酸は妊活には欠かせない栄養素の一つですが、摂りすぎても身体に悪影響が出てしまいます。葉酸を過剰摂取すると葉酸過敏症になってしまうことがあります。葉酸過敏症はその名の通り、葉酸に体が過敏に反応してしまう状態になってしまう症状のことです。具体的には、発熱、じんましん、紅斑(赤い発疹)、皮膚のかゆみ、呼吸障害などの副作用がおきます。葉酸を摂取するときは一日に摂取すべき推奨量を超えないように注意しましょう。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】妊娠初期にビタミンB12欠乏症を見落とす副作用

葉酸を過剰摂取した場合、ビタミンB12欠乏症に気づかない場合があります。妊娠初期段階の時にビタミンB12不足になると、胎児の奇形のリスク(神経管欠損のリスク)が増加してしまいます。ビタミンB12が欠乏すると、巨赤芽球貧血という異常な大きさの赤血球が出来てしまう貧血になります。しかし、葉酸とビタミンB12の働きは似ているので、葉酸を必要以上に摂取していると葉酸の造血作用によって、巨赤芽球貧血の症状が現れず、ビタミンB12不足と気づくことが出来ない場合があります。その結果、胎児の奇形リスクが高まってしまいます。葉酸は1日に必要な摂取量を守れば、全く問題がないので、上限を守ることを心がけましょう。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】胎児や妊婦の亜鉛不足になる副作用

亜鉛と複合体を形成して小腸からの亜鉛の吸収を抑制する可能性があるため、食事摂取基準でも上限量が設けられている。

引用:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110526_1.pdf


葉酸を過剰摂取すると、亜鉛の吸収を阻害することがあり、亜鉛不足になってしまう恐れがあります。亜鉛も妊活に必要な栄養素の一つです。亜鉛が不足すると胎児の細胞分裂や新陳代謝に悪影響を及ぼします。また、亜鉛不足になると味覚障害を起こしやすくなったり、女性ホルモンの分泌にも影響が出て、ホルモンバランスが乱れてしまいます。葉酸を摂取することは大切ですが、1日の摂取量の上限をしっかり守るようにしましょう。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】妊娠後期の子供が喘息なる副作用

娠後期(30〜34歳)に1000μgの葉酸サプリを飲んでいると、飲んでいなかった場合に比べて、子どもが3歳半の時点で喘息になるリスクが1.26倍高くなるそうです。

引用:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110526_1.pdf


妊娠後期に葉酸を過剰摂取すると、生まれてくる赤ちゃんが小児ぜんそくになってしまうリスクが高まるという報告があります。しかし、葉酸は身体に必要な栄養素の一つでもあるので過剰摂取せず、上限を守れば問題はありません。

【ベルタ葉酸 妊娠中】葉酸の種類による違い

葉酸には、天然葉酸、合成葉酸、公募葉酸などがあります。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】天然葉酸のデメリット

葉酸には食品由来で食材を食べることで吸収される「天然葉酸」と科学合成で作られた人口の「合成葉酸」の2種類があります。天然葉酸のほうが食物由来なので体に良い感じがしますが、デメリットとして吸収率の悪さが挙げられます。天然葉酸の身体への吸収率は50%程度で、妊娠中に必要な葉酸の量を確保するには葉酸の含まれている食材を大量に食べないといけないため、毎日継続して栄養を確保するのはなかなか難しいのです。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】合成葉酸のメリットとデメリット

化学合成により作られた合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)の最大のメリットは吸収率の高さです。天然葉酸の吸収率50%に対して、合成葉酸の吸収率は85%と35%も吸収率が高くオススメです。しかし、合成葉酸は化学合成で石油由来など食べ物ではないものから作られているため、内臓に負担をかける可能性があります。また、妊娠中に摂取することで胎児への栄養と一緒に吸収され、ぜんそくやアトピーの原因となってしまう可能性も指摘されています。
ベルタ,葉酸,妊娠中,飲み方

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】酵母葉酸

ベルタ葉酸サプリは酵母葉酸を使用した葉酸サプリです。酵母葉酸とは葉酸に酵母を配合し、体内に葉酸をとどまらせる時間を長くした葉酸のことで、葉酸が体外に排出されにくく吸収時間が延び葉酸を摂取できるようにしたものなので、効率よく葉酸を摂取できるのです。
ベルタ,葉酸,妊娠中,飲み方

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】妊娠初期に葉酸が必要な理由

妊娠初期の女性が葉酸を摂取することはとても重要です。葉酸を積極的に摂ることで、赤ちゃんの先天性障害になるリスクを70%も下げることができます。葉酸を摂取することで先天性障害である神経管閉鎖障害、無脳症、脳瘤、二分脊椎症などを予防できます。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】妊娠中期に葉酸が必要な理由

妊娠中期は、胎児に優先的に酸素や栄養を血液で届けるために、母体である妊婦さんの血液は不足しがちになります。そのため、貧血になりやすく貧血状態で血液が足りないと母子どちらの身体にも悪影響が出てしまいます。葉酸が不足して血液が足りなくなると「悪性貧血」になってしまいます。葉酸には造血効果があるため、積極的に摂取したい栄養素です。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】妊娠中期に葉酸が必要な理由

妊娠後期は、血圧の高い妊婦さんや35歳以上の高齢妊婦さんは、「妊娠高血圧症候群」になるリスクがアップします。葉酸にはホモシステインと呼ばれるアミノ酸を、血液中のコレステロール値を下げる効果のあるアミノ酸「メチオニン」に変換する働きを助ける効果もあり、血液をサラサラにしてくれます。葉酸は肥満率を下げ、妊娠高血圧症候群のリスクを下げる効果もあるため、妊娠中期にもしっかりとりたい栄養素です。

【ベルタ葉酸 妊娠中】サプリの特徴

ベルタ葉酸サプリには、乾燥酵母 葉酸含有酵母 もろみ酢粉末 ミネラルイースト ヨウ素含有酵母 卵殻膜粉末 ツバメの巣加工品(デキストリン 酵素処理燕窩 馬プラセンタエキスマツ フィッシュコラーゲン 乾燥野菜粉末(大麦若葉 ケール ブロッコリー キャベル 大根葉 かぼちゃ さつまいも 青梗菜 パセリ 人参 セロリ 苦瓜 ほうれん草 桑の葉 モロヘイヤ よもぎ 白菜 アスパラガス トマト 野沢菜 レンコン) ナンノクロロプシス 乳酸菌末(殺菌乳酸菌 デキストリン) 微細藻類由来DHA・EPA油 貝殻末焼成カルシウム セルロース ピロリンさん第二鉄 ステアリン酸Ca ビタミンC クエン酸 リン酸カルシウム ラクトフェリン(乳由来) ビタミンB6 ビオチン サンゴカルシウム 着色料(Βカロテン) ヒアルロン酸 葉酸 抽出ビタミンE ナイアシン パントテン酸Ca 酸化防止剤(カテキン 抽出V.E) ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンA ビタミンD3 ビタミンB12 コリンが含まれています。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】成分のビタミンB6

ベルタ葉酸サプリにはビタミンB6が含まれています。ビタミンB6には妊娠中のつわりを軽減する効果があるため、妊娠中は積極的に摂取したい栄養素の一つです。また、不足すると妊娠中に血圧があがってしまう妊娠高血圧になるリスクが増えてしまいます。ビタミンB6は造血作用があり、同じ造血作用のある葉酸(ビタミンB9)やビタミンB12とともに摂取することで貧血予防に役立ちます。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】成分のビタミンB9(葉酸)

ベルタ葉酸サプリには名前の通り葉酸(ビタミンB9)が含まれています。葉酸には妊娠中に失いやすい血液を作るサポートをする造血作用があります。また、気持ちをリラックスさせ、ストレスを軽減する効果があります。リラックスすると体内でセロトニンという物質が分泌されます。このセロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれていて、妊娠中のうつや精神疾患の予防に役立つので、妊娠中に積極的に摂取したい栄養素です。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】成分のビタミンB12

ベルタ葉酸サプリには、ビタミンB12が含まれています。ビタミンB12には葉酸・ビタミンB6と一緒に血液を作る造血作用があり、身体にはなくてはならない栄養素です。ビタミンB12が不足すると、貧血、めまい、吐き気、頭痛、動悸、味覚障害、消化不良、下痢などの症状を引き起こします。妊娠中だけではありませんが、ビタミンB12が不足すると身体に悪影響を及ぼすので、積極的に摂取するようにしましょう。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】成分のビタミンC

ベルタ葉酸サプリには、ビタミンCが含まれています。ビタミンCはストレスを発散させる効果のあるホルモンを生成する効果があります。また、粘膜を正常に保つ働きがあり、免疫力のアップの手助けとなったり、ビタミンC自体にも免疫物質を生成する働きがあるため人体には欠かせない栄養素です。妊娠中にビタミンCが不足してしまうと、胎児の脳の海馬(記憶をつかさどる器官)がうまく発達しない可能性があるため、ビタミンCは妊娠中にしっかりと摂取したい栄養素の一つです。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】成分のビタミンE

ベルタ葉酸サプリにはビタミンEが配合されています。ビタミンEには血液の流れを改善し、血流をよくする働きがあります。血流が改善することで、毛細血管の血行も良くなり
冷え性の改善にもつながります。妊娠中も血流が良くなることで、胎児への栄養の供給もスムーズに行われ、胎児の成長に役立つので積極的に摂取したい栄養素の一つです。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】成分のビタミンA

ベルタ葉酸サプリには、ビタミンAが配合されています。ビタミンAは皮膚、粘膜、臓器の成長にかかわっていて、当然、胎児の成長に対しても重要です。妊娠中にビタミンAが不足してしまうと、胎児の発達にも影響が出てしまいます。ビタミンAの不足状態が続くと、早産や流産のリスクが高まります。ビタミンA不足は母体にも悪影響で、暗い場所や夜間に視力が低下してしまう夜盲症や食欲不振といった症状をひき起こす可能性があるため、妊娠中は積極的に摂取しましょう。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】成分の亜鉛

ベルタ葉酸サプリには亜鉛が配合されています。亜鉛は新陳代謝や抗酸化作用があり、細胞の老化防止に役立ちます。また、葉酸と同じように細胞分裂を助ける働きがあります。また、免疫力のアップや滋養強壮・疲労回復、精子の生成・増量・運動量のアップなど男性が妊活するときに役立つ効果もあります。亜鉛は血液にも作用し、赤血球の膜を強くして出血しにくくしてくれる効果もあります。亜鉛は身体に必要不可欠なミネラルなので、妊娠中に
も積極的に摂取するようにしましょう。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】成分の鉄分

ベルタ葉酸サプリには、鉄分が配合されています。鉄分は赤血球のヘモグロビンに含まれていて、酸素を運ぶ働きがあります。鉄分不足になると、貧血になりやすくなりますが、妊娠中は胎児への栄養を分け与えるのに血液が使用されるため大量の血液が必要になったり、出産に備えて多くの血液を作るため、特に血液が不足しやすく鉄欠乏性貧血になりやすいです。鉄分不足にならないように積極的に摂取するようにしましょう。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】成分のカルシウム

ベルタ葉酸サプリには、カルシウムが含まれています。カルシウムは骨の中や血液中に存在し歯や骨を丈夫で健康に保つ働きがあります。また、心臓の機能や筋肉の収縮をする重要な役割もあります。胎児は母体であるお母さんから胎盤を通して栄養を摂取しています。カルシウムは胎児の骨格を形成する重要な栄養素で妊娠中は非妊娠時より多くのカルシウムが必要となるため、カルシウムが不足しがちになります。カルシウムが不足すると、母体であるお母さんの骨がもろくなるだけでなく、胎児の骨までもろくなってしまいます。妊娠中はカルシウムを不足しないようしっかりと摂取するようにしましょう。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】DHA・EPA配合

ベルタ葉酸サプリには、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれています。DHAもEPAも必須脂肪酸という栄養素ですが、体内ではほとんど生成することが出来ません。DHAは主に乳幼児期の脳や神経機能の発達に必要で、EPAは血液・血管の健康維持に必要です。妊娠中にDHAを摂取すると胎児の脳神経の発達を促進し、脳の発達をサポートし、妊娠20週ころから増え始める胎児の脳のDHAを増やして、学習能力や記憶力アップにつなげる効果があります。また、DHA・EPAを積極的に摂取することで早産や流産、低体重の子供が生まれるリスクを下げることが出来ます。
ベルタ,葉酸,妊娠中,飲み方

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】ラクトフェリン

ベルタ葉酸サプリには、ラクトフェリンが含まれています。ラクトフェリンは母乳に含まれているたんぱく質の一種で、赤ちゃんが授乳によってラクトフェリンを摂取すると免疫力が高まり様々な感染症から赤ちゃんを守っています。ラクトフェリンを意識して摂取すると、赤ちゃんだけでなく、母体であるお母さんの体の免疫力も高まり、感染症から身体を守ることができます。また、腸内環境を整える働きもあるため、積極的に摂取したい成分です。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】ベビーコラーゲン

ベルタ葉酸サプリには、ベビーコラーゲンが含まれています。ベビーコラーゲンはたんぱく質の一種で、もともと人間が持っているコラーゲンを合成して作った人由来のコラーゲンです。ベビーコラーゲンを摂取することで肌のハリ・ツヤを保ったり、健康的な肌を作るのに役立ちます。ベビーコラーゲンは子宮にも多く含まれていて、妊娠中には子宮環境を整える働きもあります。また、身体の傷に対して作用し傷の修復をする働きがあるため、出産後の子宮頚部の傷を治し、痛みを和らげる効果もあるため、妊娠中・出産後も積極的に摂取したい栄養素です。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】粒の大きさで飲みやすさアップ

ベルタ葉酸サプリは発売してから、つわりの時にも飲みやすいように、今までに何度かリニューアルしています。形状・大きさを改善し表面のざらつきをなくすことで飲みやすい錠剤の形になりました。栄養はすべてが吸収するわけではなく、吸収できない栄養素は排せつの際に体外に排出されてしまいます。ベルタ葉酸サプリは一粒に含まれる栄養成分を調節し、1日の摂取の目安量を一粒で済ませてしまうのではなく、1日四粒に分けることで効率よく栄養を摂取でき、更につわりの際にも分けて飲むことで無理せず摂取することが出来るのです。
ベルタ,葉酸,妊娠中,飲み方
直径9mm、厚さ5mm

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】臭いがなくなった

ベルタ葉酸サプリは、はじめは鉄のようなさびた独特おにおいがあったため、飲みにくさがありましたが、何度かのリニューアルを重ねて、ほぼ無臭になりました。このさびた鉄のようなにおいは含まれている成分の一つであった非ヘム鉄だといわれていて、非ヘム鉄をピロコン酸第二鉄に変更したため、無臭にすることに成功しました。

【ベルタ葉酸 妊娠中】安全性

ベルタ葉酸サプリは、妊娠中であっても問題なく摂取できるように安全性を高めています。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】GMP工場だから安全

ベルタ葉酸サプリは自然由来の素材を使用しています。GMPという厚生労働大臣が定めた製造管理や品質管理の基準をクリアした、GMP認定工場で原材料の受入試験から秤量・混合、重量チェック、クリーニング、放射能チェック、選別など合わせて18のチェック工程を経て製造・出荷しており、妊娠中でも安心して飲む事ができます。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】放射能検査済みだから安全

原材料である野菜や果物に放射能物質が含まれていた場合、それを使用して作られたサプリメントにも放射能が含まれる可能性があります。2011年3月11日に発生した福島第一原発の原発事故で待機中や海洋に放射能物質が拡散して、原料の野菜や果物も放射能で汚染されている可能性があるため、ベルタ葉酸サプリは万が一のことを考え、放射能検査を実施しています。検査をしっかりと行っているため、ベルタ葉酸サプリは安全な妊活サプリメントと言えます。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】残留農薬検査済みだから安全

ベルタ葉酸サプリは無添加のため、残留農薬は含まれていませんが、念には念を入れて第三者機関に残留農薬検査を依頼して、有害な残留農薬が含まれていないかどうかを徹底的にチェックしています。残留農薬検査済みの安全なベルタ葉酸サプリのみが出荷・販売されているので妊婦さんはもちろん胎児にも安全な妊活サプリメントと言えます。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】無添加だから安全

ベルタ葉酸サプリは無添加で成分はすべて天然由来のものを使用しています。香料・着色料・保存料・香料発色剤・漂白剤・防かび剤・膨張剤・苦味料・光沢剤はすべて使用していません。なので、妊婦さんはもちろんのこと、胎児にも安全な妊活サプリメントです。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】ビタミンAの安全性

ベルタ葉酸には、ビタミンAが配合されています。ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を保ち、免疫力を高めたり、暗い場所でも視力を保ち、視界を確保する働きがあります。ビタミンAは人体に必要な栄養素ですが、摂りすぎてしまった場合もビタミンA過剰症になってしまい人体に悪影響を及ぼします。ビタミンAを摂りすぎると、腹痛、吐き気、めまいなどの症状や、皮膚が薄くはがれるなどの症状が現れます。また、妊娠中に過剰に摂取してしまうと、胎児が奇形を起こす可能性が高くなってしまいます。ビタミンAは不足しても人体に不調をきたしますが、摂りすぎも良くないので一日に必要な摂取量を守って摂取するようにしましょう。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】DHA・EPAに含まれる水銀の安全性

DHA・EPAは魚類に多く含まれているので、これらの食材を食べることで手軽に摂取することが出来ます。しかし、魚類には毒性は低いですが、人体に有害なメチル水銀を含んでいます。メチル水銀は人体に吸収されると脳に障害を及ぼす可能性があり、妊婦の方が摂取した場合、妊婦から栄養を摂取して成長する胎児の脳にも影響がある場合があります。メチル水銀はごく少量なら問題ありませんが、大型の魚は食物連鎖の過程でメチル水銀を体内に蓄積している可能性があるため、妊婦の方が大量に摂取するのには不安が残ります。厚生労働省も妊婦の方が魚を食べることを注意喚起するお知らせを出しています。ベルタ葉酸サプリは、魚由来の動物性DHAではなく、藻由来の植物性DHAを配合しているので、水銀のリスクが無く安心してDHA・EPAを摂取することが出来ます。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】プラセンタの危険性はなし

馬プラセンタは豚プラセンタと比べてアレルゲンが少なくアレルギー反応を引き起こしにくいため、妊娠中にプラセンタを摂取してもそこから栄養を吸収した胎児がアレルギーになる確率は極めて低いといわれています。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】下痢は起きない

市販されている葉酸サプリの中には、オリゴ糖・乳酸菌といった成分が配合されていて人によってはおなかが緩くなり下痢を引き起こすことがあります。ベルタ葉酸サプリにはそういった成分は含まれておらず、下痢になる心配はなくおなかがあまり強くない方でも安心です。

 

【ベルタ葉酸 妊娠中】肌荒れが改善

ベルタ葉酸サプリには、健康に良い成分だけでなく、美容にも良い成分が多数配合されています。肌荒れに効く美容成分としては、ツバメの巣、プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲン、珊瑚カルシウム、黒酢もろみの6種類があります。ツバメの巣にはE.G.Fという物質が含まれていて、E.G.Fは肌細胞の再生を促進させるタンハ?ク質の一種て?、肌細胞の再生治癒力を正常な状態へと戻します。プラセンタには自律神経調節作用、ホルモンバランスの調節作用があるため、ホルモンバランスの乱れを抑制し、肌荒れにも効果が期待できます。ヒアルロン酸は保水力が高く、はだのツヤ・ハリ・みずみずしさを保つため、肌荒れを防いだり、肌のうるおいを保ちます。コラーゲンにも肌のハリ・ツヤを保ったり、健康的な肌を作るのに役立つ効果があるため、ヒアルロン酸と一緒に摂取することで、肌を健康な状態に保つことが出来ます。サンゴカルシウムには様々な天然のミネラルが豊富に含まれてて、黒酢には肌荒れを改善する効果が期待できるため、肌を若々しく保つ効果が期待できます。